Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スピ的恋バナ♪パート2
    0

      いや〜あまりにもシンプルな仕組みがアメイジング過ぎてフリーズしちまいましたぁ〜。
       
      自分の感覚とか、根拠もなくふと思ったことって、間違ってないんだねー( ̄◇ ̄;)




      『その通り!でも、その”なんとなくそう思ったこと”っていうのを、

      信じない子たちが多いわよね〜。その感覚を認めてちゃんと感じてあげれば、

      もっとステキな展開が待っているのにー。

      すぐに根拠がないと納得しない自我ちゃんが、「いや、違う」って否定しちゃうから、

      そっち優先になっちゃって、ステキな展開が無視されちゃうのよね〜(・∀・)』




      ああーもったいなーい。つーかそれ、以前の私もやりがちでしたー( ̄◇ ̄;)




      『そうだったわね、でも、今は自分の気持ちに正直になっているわね♪

      いい感じよ〜!(・∀・)』




      あ、マジっすか?!そりゃどーもっす( ̄▽ ̄)

      ところで・・・その自分のふとした感覚での”思い込み”って、一歩間違うと、

      ストーカーみたいな行為に陥ったりしちゃいません?( ̄◇ ̄)




      『それは、ハッキリと”NO!”よ。

      ストーキング行為にいたる発端には、魂のサインである”トキメキ”がまずないの。

      「自分に好意を寄せているかも?」というふとした感覚から始まるのではなく、

      自分は愛されていない、という思い込みが発端。

      つまり、愛されたい!という強い欲求ね。

      それは、ワンネスとの分離感である恐れや不安、怒りや悲しみから生じているの。

      だから、常に相手のことを見ていないと不安だし、行動を監視していないと

      気が気じゃない。分離感が激しいから、相手に対する執着が強くなる。

      相手は自分だけの物だ!という所有欲のかたまりみたいな状態よ。

      両想いでも、電話やメールを頻繁にしてみたり、常にそばにいて欲しいと

      要求したりするのも似たようなものよ。

      ところが、”トキメキ”から始まった本物の恋をしている時は、

      ワンネスである神と、すべてと一体になっている状態だから、

      例え相手とたまにしか会えなくても、その会えない時間も楽しかったり、

      相手のことを思うと、不安になるのではなく、胸がキュンキュンして高揚するし、

      何をするのもワクワクするし、自然に笑顔になるし、みんなにやさしくなるし、

      今よりもっとキレイになりたい!とか、もっとステキな自分でありたい!っていう

      自分自身に向けたポジティブでキラキラとした”意欲”が湧いてくるの♪

      それはもう、内なるパワーがみなぎってくるような感覚なのよ〜♪(・∀・)』





      確かにそうだねー!全然違うよね〜。

      トキメキという特別な感覚から始まった恋をしていると、何をしていても楽しいし、

      思わず顔がにやけちゃうし、歌っちゃうし、踊っちゃうしー!

      ホント、パワーみなぎるって感じだよねー!( ̄▽ ̄)




      『そうなのよ!その特別な感覚っていうのは、間違いなく魂の”Yes!”というサインよ〜。

      本物の恋をした時には、必ずその感覚はわかるはずよ〜!

      ドリカムの吉田美和ちゃんが創ったこの曲のようにね♪(・∀・)』


      (歌詞はコチラ♪)

      つづく・・・









       
      posted by: メモル | 神との談話2013 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 09:32 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/102
        トラックバック