Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スピ的恋バナ♪パート4
0

    昨日教えてもらった”スピ的恋愛テクニック”で、

    「恋したら、相手を構うのはほどほどにして、常に自分の中に意識を向けよう!」

    「恋する喜びに浸って感じて味わい尽くそう!」

    そうすることで、自然とうまくいく、ってなことをおせーてもらったけどー、

    肝心なこと聞くの忘れてたんだよねー( ̄▽ ̄)




    『”肝心なこと”ね、承知してるわよ♪(・∀・)』




    え?承知してるの?!・・・あ、そうかハイヤーセルフだもんね、

    私が考えてることなんて百も・・・いや、千、万、それ以上に承知よね〜( ̄◇ ̄;)




    『まあね〜♪

    メモルが聞きたかったことっていうのは、

    「相手にウザがられたり、逃げられたりしないコツはわかったけど、

    相手のほうからグイグイ〜っと来てくれるコツみたいなものはないのか?」

    て、ことでしょ?(・∀・)』




    あ、ハイー・・・その通りでしゅー(//∇//)




    『あるわよ♪(・∀・)』




    いや〜ん♪あるんじゃ〜ん!も〜、もったいぶらないでおせーてよー(//∇//)




    『ってゆうか、昨日教えたことと同じよ♪(・∀・)』




    は?同じなの??( ̄◇ ̄;)




    『そうよ、自分が今、何を思い、どう感じているか・・・に気づき、

    味わい尽くす!恋した喜びに浸って、しっかりと感じ尽くす!

    そうすることで、あなたは正真正銘、神と一体となり、

    内面からキラキラ光り輝いてくるの♪

    オーラが変化してくるのよ。大きく、輝かしくね。

    そうなったら、相手はあなたのことを”女神”だと思うでしょうね〜♪

    昔、”魔性の女”って言葉があって、そう言われている女性はイメージダウンしてたけど、

    アタシからしてみれば、ちゃんちゃらおかしいわ〜!

    それって、「魔性の女 = 女神」ってことなのにね〜!!

    自我ちゃんったら、すぐひがむのよね〜、笑っちゃうわ〜!

    女神のそのキラキラしたオーラを感じ取ると、即イチコロになるってわけよ♪

    だから、あなたが自然体でいるだけで、相手はあなたに夢中になってくれるわよ〜♪

    キラキラ光り輝いているあなたを見て、

    相手は、あなたを意識してしまうし、見惚れてしまうし、ゾッコンになるから、

    あなたにグイグイ吸い寄せられちゃう感じになるの♪(・∀・)』




    それ・・・マ、マジすか・・・?(//∇//)




    『マジよ♪恋する喜びを感じているあなたは、喜びそのものになっているのよ。

    それは、神であり、女神である本来のわたしたちそのものの姿。

    そんなあなたを見て、誰も放っておくはずがないでしょ?

    想いを寄せている相手以外からも好意をもたれちゃうかもね〜♪

    モテる子たちってのは、ちゃんと”自分の気持ちに正直になる”が出来ている子なのよ。

    ただ純粋に喜びを感じることができているのよ。

    心配したり、不安になる時間より、喜びに浸っている時間の方が長いのよ。

    喜びが喜びという世界を創り出すんだから、

    自分にとって、すべてがうまくいくに決まっている!

    そう信じて疑わないことが、オーラを輝かせる秘訣なの♪(・∀・)』




    はぁ〜なるほどー、”自分の中の神という光”が外へと放射されるって感じか〜。

    そりゃ魅力的に映るわな〜( ̄◇ ̄)




    『そうなのよ〜、”魅力”ってあなたの中から放出される”神パワー”なのよ♪(・∀・)』









    つづく・・・











    posted by: メモル | 神との談話2013 | 10:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 10:10 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/104
      トラックバック