Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    スピ的恋バナ♪パート5
    0

      トキメキを感じた時って、その人に明らかに他とは違うものを感じるし、

      キラキラ輝いてるように見えるけど、それってオーラを感じているからなの?( ̄◇ ̄)




      『そうよ♪人はね、実は見た目や性格で恋はしないの。

      体を包んでいるオーラ、つまり”自分の本質である魂”を感じて、恋をするの。

      魂どうしの恋なのよ♪それは”テレパシー”とか、”シンパシー”とも言うわね。

      その人の波動やエネルギーを感じている状態ね。

      頭では分かっていない、でも心では明らかに何かを感じ取っている状態。

      見た目がタイプとか、性格が合うとか、好きになる理由ってのはいろいろあるようで、

      でもそれは、頭がつじつまを合わせたいがために適当に取ってつけたような理屈なの。

      だって、自分だけ”知らない”なんて悔しいじゃない?

      そういう負けず嫌いな自我ちゃんって、何だか憎めないわよね〜。

      あなたという自意識は何も知らないけれど、魂はすべてを知っているわ。

      だから、出会った時にトキメキという”特別な感覚”が起こるの。

      ほかの人とは違う、特別なものをその相手から感じる・・・

      それは、魂の「この人ですよー!」という合図。

      あなたが自分の感覚に敏感であればあるほど、運命の人に出会った瞬間、

      「ビビビッ!」と来るわよ♪いつだったかの聖子ちゃんみたいにね♪

      出会った時は特に何も感じなくて、しばらくしてから、

      「あ、私、この人のこと好きかも♪」て気づく恋もあるけど、

      それは、「やっと思い出しました!」ってことね。

      魂はサインを送ってるんだけど、

      それになかなか気づかない子って結構いるのよね〜。(・∀・)』




      自分の感覚に敏感であればあるほど、ていうのは?( ̄◇ ̄)




      『元々、生まれつき”敏感”な子もいるけど・・・

      それでもやっぱり、ポイントとなるのは、”常に自分の気持ちに正直でいる”ことなのよ。

      何か出来事があった時、自分がどう思い、どう感じているかに気づく。

      悲しかったら、とことん悲しむ。無理にポジティブになろうとして、悲しむことを

      やめたりしたらダメ!許可するのよ、「あー私は今とても悲しんでいる」って

      悲しんでいる自分をちゃんと認めてあげるの。

      泣きたくなったら泣くの。思いっきり!中途半端が一番良くないわ。

      頭にきていたら、怒りを感じている自分を許す!そして、ちゃんと怒る!

      何も誰かにその怒りをぶつける必要はないわ。ひとりっきりになったときに、

      クッションボコボコに殴ったり、大声あげて叫んだり、怒りを紙に書きなぐってもいいわ。

      とにかく、自分の感情を押し殺さず、解放してあげることが大切よ。

      そして、喜びを感じた時には、誰にも遠慮せず、思う存分喜びに浸っていいのよ。

      それがちゃんとできるようになれば、上手にリラックス出来るようになるし、

      感度も高まって、敏感にいろいろ感じ取れるようになるの♪(・∀・)』




      自分の感情をさらけ出すって、何だか”しちゃいけないこと”のような気がしてたけど、

      それをあえてする方が、むしろいい方向に行くんだね?( ̄◇ ̄)




      『そうなのよ、感情をさらけ出すことを躊躇する子たちが多くて、アタシも

      その度に残念がっていたの。不完全燃焼って言うじゃない?まさしくそれね。

      魂は、感情を味わうことを何よりも楽しみにしているわ♪

      あなたにとって良くないと思える感情でもよ。

      魂とって、感情を味わうことは、この地球でしかできないことだからよ。

      感情っていうのはね、魂とあなた(自意識)とを繋ぐコミニュケーションツールなの。

      何かしらの感情を持った時っていうのは、魂があなたに話しかけているのよ。

      「ねえねえ、ちゃんと感じて!味わってー!」って伝えてるのに、

      それをストップしちゃうなんて、がっかりもいいとこよ〜。

      それの度が過ぎると”うつ”と言われる状態になっちゃうの。納得いくでしょ〜?

      グラウンディングが上手に出来ていない状態とも言えるわね。

      でも・・・だからと言って、それに対して魂はとやかくは言わないわ。

      またチャンスを創って、魂は何度もトライするから。(・∀・)』




      それって・・・感情を押し殺したら、その感情は”保留”されて、

      またどこかのタイミングで、出てくるってこと?( ̄◇ ̄;)




      『その通り!”見送り”になるだけで、いずれはしっかり味わってもらって完了となるの。

      それをしない限り、永遠とその押し殺した感情を処理するために、

      魂が何度も何度もそういう状況を創り出すわ。

      それが来世まで持ち越される場合もあるのよ。魂は永遠のいのちだからね〜。

      だから、感情が無視されても、魂的には「まいっか、またやれば♪」てな感じよ(・∀・)』




      はぁーなるほどねー。じゃあ”苦しみと感じている感情”を終了させるためには、

      きちんと感じて、魂に満足してもらうことが大切なんだねー。( ̄▽ ̄)




      『その通り!!(・∀・)』




      じゃあさー、その感情をちゃんと処理できたら、その後はどうなるの〜?( ̄◇ ̄)




      『うふふふふ、それは次回のお楽しみ〜♪(・∀・)』




      つづく・・・















       
      posted by: メモル | 神との談話2013 | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 10:08 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/105
        トラックバック