Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年の変容:その30
0

    『よく、ふと思ったり気づいたりしたことを「今のは気のせいだ」

    とかって言うじゃな〜い?それが、ステキな感覚であっても。

    これって、もったいないわよね〜!(・∀・)』




    うーん、それは根拠がないことは信用出来ないってことなんだろうね。( ̄^ ̄)




    『そうね〜、なぜみんな”根拠”にこだわるのかしら〜。

    アタシから言わせれば、根拠なんて全く必要のないことなんだけどね。

    ふと思い浮かんだステキな感覚を「気のせいだ」って片付けちゃうことは、

    これから起こるステキな出来事を拒否しちゃってるようなもんなのよ〜。

    ああーもったいない!(・∀・)』




    あっ!ちょっと待って・・・ふと思ったんだけど、

    ”気のせい”って言葉は、思い過ごしとか、勘違いとか、

    根拠がないから実際そうではない、なんて意味で使われているよね?でも・・・

    ”気”のせいってことはだよ・・・その”気”って、もしかして”魂”の事なんじゃないの?

    ってことはだよ、気のせいは「魂のせい」ってことで、

    「魂の仕業」「魂のなせる技」「魂が原因」ってことになるんじゃ?!( ̄◇ ̄;)





    『ナイスな仮説を立てたわね!そういうことなのよ!

    前にも言ったけど、「ふと」「なんとなく」「不意に」「思わず」・・・

    から浮かんだステキなアイデアや感覚は、”魂からのメッセージ”で間違いないわよ〜。

    それは、そう感じた時に自分でなんとなくわかるものよ。

    魂からのメッセージはごまかせないもの。例えあなたが「気のせい」と

    拒否したとしても、何度も何度もその感覚を送ってくるわ。

    それは、「さりげなく、でも深く」というような感覚よ。

    その内容は、”今までの自分”にとってはありえないようなことよ。マジか!という感じよ。

    だからかビビって「気のせい」にして無視しちゃう子が多いのよね〜。

    根拠がないことは、頭が納得しないからね。心はしっかり反応しているってのにね。

    頭で証拠データ引っ張り出して、納得してから・・・なんてそんなの無駄無駄!!

    「気のせい?」いう感覚を「ひょっとすると・・・」と信じた子たちに、

    偉業を成し遂げた子はたくさんいるわ♪でも、そのステキな感覚があっても、

    あまりにもあなたが受け入れないようだと、魂はあなたの意志を尊重して、

    受け入れてくれる時が来るのをそっと見守るでしょうね。来世に渡っても。(・∀・)』




    ほほう。聞けば聞くほど、自分のふとした感覚のほうが”根拠”になってくる

    不思議な感覚・・・

    「ふと思ったので、これは確実です!」とか「根拠がないのが、根拠です!」って

    みんなが自信を持って堂々と言える日が来るといいな〜♪

    それを「だよね〜!」とすんなりと受け入れられる世界ってステキだな〜♪( ̄▽ ̄)




    『あら!あなたがそう思ったってことは、そういう世界が、そういう次元がすでに

    存在しているってことよ〜。ステキな予感は、ずっと持ち続けてね〜♪

    そうそう、昔、エジソンちゃんが言ってた名言、日本語訳だと

    「天才とは1%のヒラメキと、99%の努力である」よね。

    英語で言うと、

    「Genius is one percent inspiration and ninety-nine percent perspiration」

    ”Genius”の意味は「天才」だけども、元々の語源は、「霊」や「神」を

    表す言葉なの。

    ”perspiration”は、「汗」。それを日本人は「努力」と意訳したのよね。

    汗をかくことって、「精神的にも肉体的にも頑張る」ってイメージだものね。

    でも・・・この言葉を聞いて、人一倍、一生懸命努力しないと天才にはなれないんだ、

    エジソンだから出来たことであって自分には無理だ・・・って、

    今までどれだけの人たちが諦めてきたかしら。この訳だと、捉え方によっては、

    大きな誤解を生んでしまうし、なんせ言葉の響きが楽しくない!

    全然ワクワクしない!遠い世界の話のようで、聞いただけでめげちゃうわよね〜!

    だから、アタシは、ステキな予感を信じて、持ち続けていられるように、

    あなたたちにこう捉え直して欲しいと思っているの。

    「本当の自分(神)のパワーを目覚めさせる(思い出す)ために、

    ふとしたさりげない感覚(1%のヒラメキ)を、100%に近い確信を持って、

    誰になんと言われようと、自分だけは信じ続けること!」

    エジソンちゃんがしていた努力は、一般的に言う努力とは別物よ。

    一般的な努力は、「自分には無いものを手に入れるために追い求めること」とか、

    「自分は今、その状態ではないから、その状態を目指して頑張る」という、

    「今、ない」を前提にして行動することだけど、

    エジソンちゃんがしていた努力は、

    「成功している自分が見えたから、自分はいずれそうなるんだ!という

    信頼と安心感を持って、今出来ること、今やりたいことに専念した。」ということで、

    「すでに、ある」から起こった行動なの。

    ね、これってすごく楽しそうでしょ?ワクワクするでしょ?

    1%のヒラメキは、トキメキやワクワクを連れてくるから、常にエジソンちゃんを

    ”突き動かす原動力”となってくれてたの。

    エジソンちゃんは、ふと浮かんだアイデアを一切疑わず、”信じようと決めた”から、

    「そうせずにはいられない!」という自然に、自動的に起こる行動が起こったのよ。

    ヒラメキに突き動かされた人っていうのは、大概まわりにバッシングにあうわ。

    「アイツ、頭おかしいんじゃないのか?!」「バカな奴だな!」ってな具合にね。

    それにめげちゃう子って結構いるけど、エジソンちゃん(含め偉人と言われた人)の

    他と違ったところは、エゴという恐れや不安をあおるものに屈せず、

    かすかなヒラメキをただひたすら信じ続けたってこと。

    ワクワクする喜びのほうを選択したってこと。

    それは、「自分の本音に素直に従った」ということなのよ。

    まわりは関係なく、自分が「そうしたい!」という気持ちに!(・∀・)』




    あっ、何だろ・・・暖かい光が差し込んでくるようなこの感覚・・・。

    重荷が取れて、軽くなったような心地よさを感じる・・・( ̄▽ ̄)




    『思い込みって、人を不自由にするものね。

    でも、その思い込みも、実はあなたたちがそう思いたくて思い込んだことだから、

    無意識にそれを”良し”として採用していた思い込みを、

    今ようやく手放せたってことね♪(・∀・)』




    あーそれにしても、「言葉」って言った人の本当の真意を100%伝えられないんだね。

    ひとつの言葉を聞いても、聞いた人によって捉えたが全然違うってことがわかったし、

    そう思い込ませる、という誰かの意図に操られてることもあるかもだねー( ̄^ ̄)




    『そういうこともあるかもしれないわね。

    良い悪いじゃなく、実際にそういう事実はたくさんあったでしょうね。

    それに「言葉」は人間が使うツールの中で一番使い勝ってが良くないわ。

    世界にいったい何ヶ国語あるのよ!

    勉強しなきゃ国を超えてコミニュケーション取れないなんて不便もいいとこよ!

    例え日本人同士でも言葉で真意はせいぜい20%くらいしか伝わらないでしょうね。

    残りの80%は何で伝え合ってるか、というと・・・

    超感覚的知覚と言われる”第六感”なのよ♪人と人とのエネルギー(オーラ)で

    あらゆる情報を交換し合ってるから、テレパシーやシンパシーみたいなことが

    頻繁に起こって、お互いに”通じ合えてる”ってわけ♪(・∀・)』




    じぇじぇ!私たちって、テレパシーとか普段、普通にやってたのー?!

    そうなると・・・マジで、

    本当に信じていいものは”自分のふとした感覚”とか”不意に思ったこと”とか・・・

    「他人の言葉とかじゃなく、自分の中から湧き上がってくるもの」ってことだな!( ̄^ ̄)




    『そういうこと〜!(・∀・)』







    つづく・・・












    posted by: メモル | 神との談話2013 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 11:12 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/114
      トラックバック