Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年の変容:その60
0

    前に、マスターレベルになると魔法使いのような奇跡が起こせるみたいな

    話をしてたよね?マスターと言えばイエス・キリストが有名だけど、

    伝説になっている話で、石をパンに変えれるとか、水をワインに変えれるとか、

    死人を蘇らせたとか、病人を瞬時に癒したとか・・・

    それも実際に出来たってことなの?( ̄◇ ̄;)





    『うーん、あのね・・・

    イエスちゃんに限らず、そういうことができた子たちは、

    他にもいっぱいいたわよ〜。(・∀・)』





    はぁ?!(゚Д゚≡゚Д゚)?

    他にもいっぱいいた、だってー?!

    何、何??知らない、知らない!そんなの知らなーい!!ヽ(゚Д゚)ノ






    『あのね、マスターレベルに達してた子って、昔からたくさんいたのよ。

    ただ・・・山篭りをしたりして、人里離れてひっそりと暮らしてた子たちがほとんどよ。

    イエスちゃんはその中でも特殊で、”エゴ”の反感を買うのを覚悟した上で、

    いや、それを知っていて、「あえて」グイグイ民衆の中に入っていったわけ。

    「どうでしょう!皆さん、そろそろ神モードでのプレイ、始めませんかー!」

    ってな感じで、”本当のわたしたち”の素晴らしさを実際に披露してみせて

    一人でも多くの人を眠りから目覚めさせようと奮闘したわけよ。

    案の定、反感買いまくりで処刑されちゃったけど、その後も見せてくれたわよね〜!

    見事、自ら蘇って見せたじゃない〜♪

    その後も何千年とイエスちゃんは人々の意識を目覚めさせようと

    お仕事を続けてるのがわかるでしょ?生きているのよ、イエスちゃんは。

    前にも言ったけど、あなたも、あの子も、この子も、その子も・・・

    あなたたち全員が、イエスちゃんの魂を持っているんだもの♪

    イエスちゃんは言ったわよ、

    「俺に出来ることは、あんたたちも出来るんだぜっ!」って。

    あとは、それを受け入れるか、受け入れないかだけよ。

    どの時代でも、源の神は”あなたたち”が望めば、

    いつでも神モードでNEWゲームを開始しても良かったんだけど、

    思った以上に”あなたたち”が、人間モードでのプレイにどっぷりハマってしまい、

    「もっと人間モードで遊びたいやいっ!」って懇願するものだから、

    「あーそうなの〜じゃあお好きにどうぞ♪」

    って好きなだけ、飽きるまでやらせてあげようとしてくれてたのが、

    今までの時代。

    でも、今これからの時代は、

    「もう人間モードに飽きたから、そろそろ神モードで遊びたいやいっ!」

    って懇願する魂たちが増えてきたもんで、

    「OK!じゃあ神モードプレイ、開始しま〜す!」

    と源の神が”GOサイン”を出した。それが”アセンション”よ。

    先に目覚めた子たちは、このサインに気づいて、

    すでにバンバン意識を変容し始めているわ。

    今はそのプロセスの最中、つまり過渡期や転換期みたいなもんだから、

    バンバンやってる子たちと、モタモタやってるたち子との差が出るけど、

    これはこれで興味深いわよね〜!いずれはみんなもれなく目覚めるわけだけど、

    まだそうなっていないこの時期を味わうのもなかなかの醍醐味よね♪(・∀・)』





    ・・・・・・

    イ、イエスちゃんがいっぱいいた・・・???

    マジか?!( ̄◇ ̄;)





    『え〜!まだそこに引っかかってんのぉー!どんだけ〜(・∀・)』




    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村















     
    posted by: メモル | 神との談話2013 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 11:16 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/148
      トラックバック