Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年の変容:その76
0

    自分の許容範囲、自分で、こうでなければならないと思い込んでいる範囲を

    超える要求をされると、「あー面倒くさい!」という怒りが出てくるんだよねー。

    もうね、わかってはいるんだよ。

    これが「変化(進化)するサイン」だってことは。

    変化の前には、恐れや不安や怒りもろもろの自分ではないものの解放があるって

    ことは、何度も経験済みだし、「来た来たー」って感じだもん。

    でもさー、やっぱまだこの作業ってまだ苦手だなー( ̄◇ ̄;)





    『あら〜そこまで観察意識を持って対処出来ているんだから、

    問題ないんじゃないの〜。

    あなたはその作業をウキウキと楽しくこなしたいと思っているの?

    ・・・だとしたら、

    そのうち、楽しくこなせるようになるわよ♪

    何でもそうだけど、「こうありたい」という自分になるには、

    この世でお馴染みの「時間」が必要になるわ。

    それは、意識が切り替わる瞬間をどこに持っていくか、というタイミングの

    ことなんだけど、魂(ハイヤーセルフ)がどこに設定してるかっていうのは、

    ”あなた”にはハッキリとはわからない。

    でも、何かしらの「兆し」はあるはずよ。

    あなたの場合は、まだ「この作業、苦手だなー」を味わいたいと思ってるみたいね。

    でも、作業を片付けていくうちに、「オッケーもう充分!」って完全に手放す

    タイミングが来るわ。その前兆みたいなものは、キャッチすることが出来るはずよ。

    だから、今は”味わい”なさい。

    「めんどくさい!」とか「苦手だなー」という怒りの感情を味わい尽くせば、

    魂も満足するわ♪(・∀・)』





    味わい尽くすって、うっかりしちゃうよな。

    そういう感情が起こると、気づきはするものの、すぐ仕分けちゃうからな。

    「気づく」と「仕分け」の間に「味わう」を入れるのを忘れちゃうんだよね( ̄◇ ̄)





    『そうね、「気づく → 仕分ける」でもいいんだけど、

    味わいきれてない感情や手放しきれてない思い込み(プログラミング)は、

    じっくりと向き合ってあげないと、また何度も現れてくるわ。

    魂が満足出来てないのよ。

    「もうちょっとしっかり味わってよ〜。向き合ってよ〜。」って伝えてるってことね。

    そういう時は、面倒くさがる思考をストップさせて、

    心も無にして、感じることに専念するといいわね。

    例えば・・・

    空を見上げる、音に耳をすます、風を感じる、動植物と触れ合ったり、

    温かい飲みのも飲んだり、お風呂にゆったりつかったり、

    自分の身体をマッサージしてあげるのもいいわね。

    合掌でもいいのよ。自分で自分の手のぬくもりを感じられるから。

    出来るだけ、一人きりの時間をつくってボーッとすること。

    ときめきやワクワクもちょっとだけ脇に置いといて、

    ひたすら無心になること。

    いい?

    「何かしなきゃ」という思考に逆らうのよ。

    「アレしなきゃコレしなきゃ」と騒ぐ思考を断ち切るために、

    あえて「何もしない」ことを選びなさい。

    宇宙の創造主である、あなたの意思で。(・∀・)』




    オッケー!

    思考をストップするには、居眠りが一番!!

    じゃ、おやすみ〜。

    ・・・・・・

    ・・・・・・

    うぉー脳がおめめパッチリで眠れーん!( ̄◇ ̄;)





    『じゃ、ついでに、その怒りも味わっちゃてね♪(・∀・)』




    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村

















     
    posted by: メモル | 神との談話2013 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:12 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/164
      トラックバック