Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その81
    0

      (・∀・)からの長文メッセージ♪

      オネエ言葉はなしよ♪



      『私たちの本質は喜びだ。

      至福そのものだ。

      例え”自分”という自意識が苦しみの中にいても・・・だ。

      とはいえ、あなたが不幸と呼ぶ状態を笑っているわけではない。

      ただただ、淡々と眺めているだけだ。

      淡々としているが、自分では体験できないことを体験している

      私たちのその素晴らしさに打ち震えている。

      静かに、感動している。

      私たちが何を考え、選択し、行動を起こしても、

      本質の部分では、すべてを受け入れている。

      つまり、私たちが何をしても構わないということだ。

      完全なる自由。

      それもそのはず、何をしようが、すべてが喜びなのだから。



      ところが人間として生きている私たちはすべてを受け入れることは難しい。

      起こることには、善もあり、悪もあるかのように見えるからだ。

      優もあれば劣もあり、幸もあれば不幸もあるように見えてしまう。

      それでも、やはり本質の部分では、どちらでも構わないのだ。

      体験出来れば、味わえれば、それで満足なのだ。


      中立ではなく、揺れ動くことが本質にとっては奇跡的なことだ。

      この世は、奇跡の世界なのだ。

      自分では成し得なかったことを私たち人間がいとも簡単に体験している

      これは、本質から見れば私たちこそ”神”のように見えるだろう。

      本質から見えれば、私たちの経験しているすべてが奇跡だからだ。

      自分は不完全だと、無能だと、限界があると、愚かだと思い込み、

      まるでそうであるかのように振る舞い、そのような現実を創り出し、

      その幻想の中に長時間浸ることが出来た。

      そう出来たのは、紛れもない、私たちが完璧で、完全で、全能で、

      無限であるからにほかならない。

      私たちが全能だからこそ、全能であることを完全に隠すことが出来たのだ。

      私たち人間は、奇跡しか起こさない。

      今の今まで、私たちは奇跡しか体験してきていないのだ。

      一瞬にして思いが現実化することが奇跡ではない。

      むしろそれは、本質的には”当たり前”過ぎることだ。

      本当の奇跡とは、時間という幻想の中で、出会い別れ、

      成長しつまづき、さらに成長し、

      喜怒哀楽というあらゆる感情を味わい、具現化していく、

      このプロセスのことだ。

      ”結果”ではない。

      「人生」という名の”プロセス”が奇跡だ!

      この感情のドラマとも呼べる人生という時の流れが”奇跡”そのものなのだ!


      私たちの願いは、一瞬にして叶わない。

      でも、それでいいのだ。

      叶うまでの過程を味わうことが、醍醐味だからだ。


      あなたが望む現実は、必ず実現するから願いとして生まれてくる。

      このことを忘れないで欲しい。

      あなたの願いは、必ず叶う!

      願いが叶うまでの間に、例えあなたの望まないことが起ころうとも、

      執拗に諦めたりがっかりしたりしないで欲しい。

      それは、願いが叶わない、ということを現してるのではなく、

      単なる通過点に過ぎない。単なる途中経過だ。

      願いが叶うまでの紆余曲折を私たちの本質は味わいたいのだ。

      だから、すんなりと行かないこともあるだろう。

      くじけそうになる時もあるだろう。

      でも、だからと言って、神を恨むようなことはしないで欲しい。

      恨んでも意味はない。

      願いを叶えるのは、偉大な何かではなく、偉大なあなた自身だからだ!

      どうか、自分の無力さを嘆かないで欲しい。

      それは、全能なあなた自身が設定した単なる思い込みに過ぎない。

      無力だと思い込めば、あなたが無力だということを証明するような現実が起こる。

      そしてあなたは「やっぱりそうだった」と認めてしまうだろう。

      自分の”思い通り”になったからだ。

      そして、無力だと思い込んだままのあなたは、自分以外の何かにすがろうとするだろう。

      「無力な私に力を与えたまえ」と・・・。

      それでは、あなたの望みは永遠に叶わない。

      なぜなら、あなたが無力のままだからだ。

      この世は、至極、単純な仕組みで出来ていることを覚えておいて欲しい。

      望む現実は、あなたが、自分は全能であると、

      自分には無限の可能性があると思い込めば簡単に創り出せる。

      そう決めさえすれば、そのような現実が起こるのだ。

      全能だと決めたあなたには、もう不可能なことなど何一つない。

      無限だと決めたあなたは限界知らずだ。

      そして、あなたの望みは永遠に叶い続けるだろう!


      あなたにすべての決定権がある。

      望む現実は、あなたが選択するだけで創り出すことが出来るのだ!


      あなたがたが神と呼ぶ存在に決定権はない。

      神があなたがたを操作したり、何かを与えたりしてるのではない。

      何度でも言おう。

      源の神にとっては、私たちが何を選ぼうと、経験しようと構わない。

      すべてが喜びだ。

      決めるのはあなたがた人間だ。

      空想上の神を全知全能と崇めるのはもうやめて欲しい。

      空想上の神がすべてを決めていると思い込むのは終わりにしようではないか。

      本質である源の神は、あなた自身なのだから。


      あなたという人間意識が望む現実を思う存分、自由に描いて欲しい。

      あなたの願いが、あなたの経験となり、私の喜びとなる。

      私の喜びが、あなたの願いとなり、あなたの経験となる。

      私にとっては何もかもが喜びなのだから、

      あなたはあなたが喜びと感じる方を選んで欲しい。

      何も好きこのんで苦しみを選ぶ必要はない。

      もう選ぶ必要はないのだ。

      私もあなたも共に喜びを分かち合おうではないか!


      私はすべての決定権を人間意識に委ねた。

      だから、あなたはあなたの宇宙を自由に創造していいのだ。

      誰にも遠慮することはない。

      宇宙の主人はあなただ。

      その宇宙はあなたが開いた宇宙だ。

      あなたの願いは宇宙全体の願いだ。

      思うがままに願いなさい。

      そして、そのプロセスを存分に味わいなさい。

      願いが叶ったら、大いに喜びなさい。

      そして、それに満足することなく、

      更なる大きな願いを抱きなさい。

      永遠に、終わることなく・・・』




      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村
























       
      posted by: メモル | 神との談話2013 | 11:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:20 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/172
        トラックバック