Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2014年の創造:その10
    0

      こんなこと、今さら聞くのもなんなんだけど・・・

      もしかしたら、もうすでに言われてることかもしれないけど・・・

      一応、確認の意味も込めてお聞きしようかと思いますが・・・( ̄◇ ̄;)





      『回りくどいわね〜!

      単刀直入に聞けばいいでしょ?

      「自分の内側を意識しろ、観察しろ、気づけと言うけれど、それは一体なぜなのか?」

      ってことが聞きたいんでしょう?(・∀・)』





      よっ!さすが、ハイヤーセルフさん!

      話が早い!

      何でも見抜いていらっしゃいますね〜アハハ〜( ̄▽ ̄;)





      『当たり前でしょ!

      あなたの考えてることなんて、すべてお見通しに決まってるでしょ。

      じゃあ、

      「自分の内側を意識しろ、観察しろ、気づけと言うけれど、それは一体なぜなのか?」

      についてだけど、

      こういうことなの。


      「意識する」 = 「観察する」 = 「気づく」 = 「自分に愛を注ぐこと」


      あなたたちは、今の今まで、どこに意識を向けてきた?(・∀・)』





      ・・・外側だね〜。

      幻想ばっかり意識してきちゃったね。( ̄◇ ̄)





      『そうよね、その間ずーっと本当のあなた自身である魂は無視されっぱなしよ。

      自分の内側に意識を向けることは、

      魂に、いのちに、自分自身に、愛を注ぐこと。

      自我に気づくことも、自我に愛を注ぐこと。

      あなたが意識を向けさえすれば、それは愛となる。

      別の言葉で表現すれば、

      「癒しが起こる」とか「統合する」とかね。

      もちろん、外側に意識を向けても”似たようなこと”は起こるわ。

      例えば、車。

      あなたがキュンとときめいて買った愛車。

      暇さえあれば、洗車したり、ワックスかけたり、メンテナンスしたりして、

      大切にするわよね。

      大切にしてると、何となくいつも調子よく動いてくれているような、

      事故もなく、快適にドライブできているような、そんな気になるでしょ?

      「大切にする」 = 「意識を向ける」 = 「愛を注ぐこと」

      だからなのよ。

      自分以外の人やペットや植物に対しても同じ。

      いいのよ、外側に愛情を注いでも、全然かまわないのよ。

      でも、これだと、アタシ的に不完全燃焼なのよね〜。

      まず、何よりも優先して、愛を注いで欲しい相手は、

      「あなた自身」

      だからなのよ〜。

      先にあなたがあなたに愛を注がないと、大切にしていたものに対して、

      いずれ面倒くさくなったり、疲れてきたりしてしまうの。

      だから、まずあなたがあなた自身に意識を向けて(愛を注いで)、

      自分を何よりも愛しく思えるようになること。

      そうすれば、自然と、無理なく、心からの喜びとして、

      外側にもそれが”起こる”。

      あなたが自分自身に注いだ愛が、外側にあふれ出し、

      あなたの元へと戻ってくる。

      「倍返し」で♪

      これを体感して、味わって欲しいのよ〜♪

      「大切にしなきゃ」「好きにならなきゃ」「愛情を注がなきゃ」と、

      義理や義務でやろうとする子がたくさんいるけど、

      それは、後々自分を苦しめることとなるだけよ。

      義理や義務で「やらなきゃ!」と思ってやることは、

      満たされてないと思い込んでいる自我発信の行為だから、

      最初は良くても、いずれ空回りよ。

      例えば、子育てもそう。

      親が我が子を虐待してしまうのは、

      自分への愛情不足が原因よ。

      自分への怒りや悲しみを外側に現してしまっているの。

      自分を愛せない子が、自分以外を愛せるわけがない。

      だって、すべては自分なんだから。

      自分を消してしまいたいほど、自分への愛が枯渇している状態よ。

      ボランティア活動も、介護に携わることもそう。

      世間では志が高いことと評価されているけど、

      この仕事に嬉々として関わるには、

      自分への溢れんばかりの愛情が必要不可欠!

      自分が愛で満たされていれば、自ずと「やりたい!」って気持ちが

      ”生まれてくる”わ。

      自然と”起こった”時が、その時よ。

      苦しい状況にあるということは、自分自身(魂)と向き合ってない証拠よ。

      そんな時こそ、自分の内側に意識を向けてちょうだい。

      自分が何を思い、何を感じているのか・・・。

      ただ、そこに意識を向けるだけいいわ。

      「我が子がうっとうしい。」

      「・・・私ってダメな親」

      そう思っている自分にただ気づくだけでいい。

      そう思っていることに対して、判断も分析もいらない。

      ただ、観察しなさい。

      現れては消え、また現れては消える「思考」や「感情」を

      ただ眺めていなさい。

      そこに意識を向けたまま、あるがままを受け入れ、

      「それでも、私は完璧なのだ。」

      「それでも、私は満たされているのだ。」

      と、静かに自分に言い聞かせなさい。

      現状はどうであれ、関係ないわ。

      今、そう決めなさい。

      今、意図しなさい。

      「今」のあなたの意識的選択が、次の「今」という瞬間を生み出すの。

      いい〜?

      現状は、無視してね。

      それは、過去のあなたの意識が生み出したものだからよ。

      今という瞬間は、いつでも、生まれたてホヤホヤ!

      だから、過去に結びつける必要なし!

      一秒前と、今この瞬間のあなたは別人!

      そして、

      今、意識すべきは、今、この瞬間の自分の内側!

      オッケー?(・∀・)』






      な、長い・・・

      く、首が・・・か、肩が・・・ううっ。

      し、しかもまだ続きがある〜!

      (・∀・)は、まだ私の内側でしゃべり続けている〜!

      観察、観察・・・。

      ということで、

      この続きは次回ってことで〜( ̄◇ ̄;)




      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村
















       
      posted by: メモル | 神との談話2014 | 11:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:54 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/187
        トラックバック