Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年の創造:その12
0

    えー、本日は(・∀・)との談話・・・ではなく、

    わたくしメモルのひとりごと、となっておりますので、

    ご了承つかーさいっ。



    ついに!

    現れた!!!

    何が?

    えーっと、自分が創造の源として過ごしていますとですね、

    自分の内側の世界が、外側に反映された!

    とハッキリわかる出来事によく遭遇するのですよ。・・・当然なんだけど。

    当然とわかっていながらも、いざそうなると、驚くわけですよ。

    「うわっ!スゲー!!来たーーー!!!」って。

    そのスゲー中でもスゲーのが来たんで、その話。

    先日、いつも見ないのに、たまたまブラマヨのトーク番組を観たんです。

    その日のゲストは、百獣の王こと、武井壮。

    その、武井壮が言った言葉に、来た!出た!現れた!と思ったわけですが、

    そのセリフとは・・・


    「死なないと思ってる」


    です。

    これ、ブログにも書いたけど、

    実はわたしも、昨年のいつ頃からだったか、

    (・∀・)からちょいちょい言われてたことなんです。

    「人は、死ぬと思ってるから死ぬのであって、

    死なないと思ったら、死なない。そういう選択肢もあるのよ♪

    あなたたちは無限なんだから。」と。

    で、最初は戸惑ったけど、だんだんと、

    「ありえるかもよ?だって、無限だってことは、不可能はないってことだし。」

    という考えに移行してきて、そんな気になってたら、

    ついに!

    という感じで、外側に現れました。

    しかも、武井壮。

    いや、おちょくってるわけではなくて、名の知れたタレントが、

    全国ネットでそう公言したってことが驚き。

    集合意識に働きかけることとなるわけだから。

    早っ!ジワジワどころか、一気に神界に変容を遂げだしたか?!

    まあ、これを観ていたほとんどの人たちは、ふざけて言ってる、と

    思ってるかもしれないけど、わたしにはわかります・・・

    ”目”が「マジ」だっただから。

    そんなことをマジで、そしてガチで思っている

    わたしも武井壮もアホでしょ?

    いいーんです!アホで!

    歴史上の偉人、今となっては偉人ですが、

    ほとんどの偉人さんが当時はアホ呼ばわりされてました。

    そう、アホはブレイクスルー魂の必須条件。


    「 アホ = パイオニア 」


    どんなことでも、「もしかしら、いけるんじゃね?」という

    前人未到の可能性に対するトキメキこそが、

    不可能を可能にする突破口。

    誰一人成し遂げたことがないことでも、

    「オレなら出来るんじぇね?」

    とメデタイほどの自信に満ち溢れた天真爛漫さが、

    夢の実現を加速させる原動力。

    武井壮も”チラ見”した人だね、きっと。

    で、たまたまその番組を観たって自我は思っているけど、

    それは、たまたまじゃなくて、自作自演。

    自分が創造主だからね。

    シナリオ通りってわけだ。

    てことは・・・そういうことだ、ムフフ。(ひとりで納得)

    彼は、番組の最後に、もう一つ言ってましたよ。


    「飛べるんじゃないかと思ってる」


    ・・・・・・

    そう言って、バッサバッサと羽ばたいてましたよ。

    ね、アホって素敵でしょ?







    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村


















     
    posted by: メモル | 神との談話2014 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 11:50 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/190
      トラックバック