Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年の創造:その39
0

    ”願い”は”未来の予告”だから、必ず叶うって話だけど、

    どんなに強く願っても叶わないことってなかった?

    それはどういうことだったのかな?( ̄◇ ̄)





    『それはね・・・「Fake」だっただからよ。

    本当の自分に目覚める前、あなたは”本当のあなた”ではなかった。

    人間社会に適応するために作り上げられた”偽物のあなた”だった。

    魂ではなく、自我で生きているあなたが抱く願いは所詮ニセモノ。

    その証拠に、簡単に諦めがついていたはずよ。

    「まあいっか。こんなものか。」ってね。

    自我の願いっていうのは、すんなり諦められちゃうのよ。

    そりゃ叶わない悔しさや悲しさはあったとしても、そのあと、

    案外ケロッとして「はい、次!次!」って切り替えられたりするものなの。

    ところが、本当の自分になると違う!

    「諦める」というワードがない!

    「執着」がハンパない!

    自我の時は、願いに執着することがだんだん疲れてきて手放してしまうけど、

    魂になると、手放さないし、執着するパワーが無限!(・∀・)』





    ・・・あれ?

    あのさ、「執着」ってスピ的に無いほうが良かったんじゃなかったっけ?

    あと、「手放す」ってどちらかというと推奨されることじゃなかった??( ̄◇ ̄)





    『んもう!

    これだから”言葉”って不完全燃焼になっちゃうのよね〜!

    真意がストレートに伝わらないったらありゃしない!

    いい〜?

    言葉を”波動”で感じてちょうだい。

    言葉そのものを受け取るんじゃなくて、もっと広く大きく・・・

    ”全体”として捉えるのよ。

    そして、あらゆる角度から解釈出来る広い視野を持つことね。

    言葉は伝える視点、受け取る視点によって、矛盾が伴ってしまうことがよくあるの。

    この場合は、”本当の自分に目覚めた後”の話をしてるから、

    「執着」は健全に働いてるわ。

    今、あなたに起きている執着は「魂の執着」だからOK!問題なし!

    手放さないのも魂が「これをやる!」と決めてきたことだからこそ!

    もうこうなったらね、自我でどうにもできないわよ〜。(・∀・)』





    自我はね、もう魂に従順ですよ。

    無抵抗でございます(笑)

    面白いことに、魂として生きると”自由意思”ってなくなるよね。

    だって、魂が先に「こうしたい!」ってサインを伝えてくるでしょ。

    それに後から自我が気づいて「いいね!OK!そうしましょう!」

    って同意する感じだもん。

    だから、こうなってくると”自由意思”じゃなくて、”承諾”だよね。

    魂が「こうしたい!」って伝えてくることって、

    未知のことが多くて、自我は最初はビビるけど、

    それ以上にハートがウキウキワクワクするからさ、

    無条件にOKしちゃうんだよね♪( ̄▽ ̄)





    『自我ちゃんもだんだんわかってきたみたいね〜。

    「本当の自分(魂)に従えば、喜びへと導かれてすべてうまくいく」ってことを♪

    目覚める前までは、時間で切り取って解釈していた流れが、

    全体として見れるようになって来たのね。(・∀・)』





    そうだね。

    何だかんだあっても、時間が経過した時に、

    「ああ、最終的には丸く収まるんだな。

    やっぱり、すべては完璧だな〜!」

    って日常の些細な出来事の中でも腑に落ちること

    増えてきたもんね♪( ̄▽ ̄)





    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村
















     
    posted by: メモル | 神との談話2014 | 12:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:19 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/247
      トラックバック