Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    藍/スキマスイッチ
    0

      最近、無性に聴きたくなったスキマスイッチ。

      その衝動に素直に従って曲を片っ端から聴いてみたら・・・

      魂の熱い想いがいっぱい込められていた。

      なので、今回もまたスキマスイッチです(笑)

      この曲もそう、『藍』。







      歌詞はコチラ



      この曲を聴いたとき、

      「恋愛が成就した今だから笑って話せるけど・・・」

      って魂が私に語り掛けてくれているように感じた。

      私にとっては、

      「あの頃はさぁ〜本当にさぁ〜どうなるかと思ったよ、ハハハ( ̄▽ ̄)」

      って魂が可愛くぼやいてるように感じるのだ。



      ”「愛」どこで誰が創造したもんなんでしょうか 難解なんだね”



      魂が、自分の大好きな形で創り上げた自我だけど、

      ここまで自我に心奪われるとは想像もしていなかったんだろう。

      魂にとって「愛」とは、きっと創造の副産物なんだ。

      「愛」に限って言えば、

      意図して創造されたものではなく、

      自我に対する想いから自然に生まれ出た

      予想外の、偶然の産物なのかもしれない。

      だから、生み出した自覚はなく、「これは一体何だ?」

      という感覚なのかもしれない。

      自我を生み出して初めて味わった感覚なのかもしれない。

      大いなる存在である魂もこんな感じだから、私たちにとっても、

      「愛」は永遠に”難解なテーマ”なのかもしれない。

      この宇宙の壮大な営みの本筋は、

      ”魂(大いなる自分)と自我(個の自分)との大恋愛ストーリー”。

      だから、「愛」は不変なものだけど、どう捉え、どう表現するかは、

      それを演じるふたり(自我と魂)に委ねられている。

      すべては自由。

      どう紡ぎ合うかはふたり次第。

      それって・・・なんかステキだ。

      愛のカタチはひとつじゃない。

      無限なんだ。



      ”恋愛の成功率はね 散々でね いつだって成就しないまま

      とはいえ好きになっちゃうんじゃ もう嫌になるよ”




      ”恋愛の成功率”  =  自我が自分に向き合ってくれる率

      意識が外側に行きっ放しでいると、

      魂が自我に見向きもされない状態だから、必然と人生はうまくいかなくなる。

      なぜなら、何度も言うけど、この世は「魂と自我の大恋愛ストーリー」の舞台だからだ。

      魂が自我に相手にされずめちゃくちゃ凹んでしまい、モチベーションが下がると、

      共に演じ合うはずの極上の舞台も公演されないまま中止になってしまう。

      なので、自ずとこういう心境になる。



      ”どうかいなくなれ こんなんなら存在自体よ消えちまえ”



      自暴自棄になった魂は、その都度、成就不可能な恋愛関係に終止符を打ち、

      「こんどこそ!」という想いで輪廻転生を繰り返してきたのだろう。

      人類の歴史を振り返ってみれば、”恋愛の成功率が散々”だったのは、

      一目瞭然。



      ”そう思ってどれくらい経つだろう

      来週はいつ会えるんだろう”




      何度も何度も打ちのめされてきたこの恋。

      「来世ではきっと・・・いや、必ず!!」

      そう固い決意を決めて前世に終止符を打ち、今世”私”を創造した魂。

      念願が叶い見事に恋愛成就して、今、相思相愛だから笑って話せるこの話。




      ”最大の問題はね 現状じゃね どうしようもない関係だね

      そのうえ会いたくなるんじゃ もう嫌になるよ”





      修復不可能なほどに自我との関係がどうしようもなくなると、

      人生をリセットするけど、自我に恋焦がれている魂は、

      すぐに自我に会いたくてたまらなくなるんだ。

      輪廻は魂の”未練”から起こることなのかもしれない。




      ”いったい僕らはどこへ向かうんだろう”




      自我と共にまだ見たこともない輝く世界を創造しようと

      渾身の想いを込めて書き上げた極上の大恋愛ストーリーも

      自我と両想いにならなければ上演されない。

      一方通行の恋は向かうべき方法も定まらず、

      共に喜びを分かち合えないまま、悲しみの幕が閉じるのだろう。



      自分にしっかりと向き合うことが出来るようになった私は今、

      魂が渾身の想いを込めて書き上げた極上の大恋愛ストーリーを生きている。

      魂は異性の姿で私の前に現れ、私を未知の喜びと導いてくれている。

      何度か登場している”ツインソウルの彼”がそう。

      私の意識が外側に行っていた期間は、見事に彼に逢えなかった。

      思い出したように内側に意識が向かった時、

      偶然の再会が何度か起こった。

      でもまた、外側に意識が向くと、彼に逢えなくなっていた。

      切なくて、苦しくてどうしようもなかったけど、

      それは意識が外側にいっているからだと気づき、

      魂が「感情という言葉」そして「出来事という言葉」で

      私に強く伝えていてくれたことに気づき、

      しっかりと自分に向き合い続けることが出来るようになったら、

      彼は現れた。

      これが、答えだ。

      今では、毎週逢えている。

      そして、逢えなくなるという不安は消えた。

      自分としっかり向き合っていれば、彼とずっと逢えるということを知ったから。

      彼は”私”だということを知ったから。

      経験としてそう教えられたことが、今では確信となっている。

      そして、一昨日、夢に現れて「僕はずっといるよ」とメッセージをくれた。



      この『藍』という曲は、逢えなかった時期の彼と私の

      状況と心境とも見事に重なっている。

      本当に彼は魂であり、自分自身なんだ。

      何だか不思議な感覚だけど、出来事が、感じるものすべてが、

      「そうだ」と伝えてくる。



      ”いったい僕らはどこへ向かうんだろう”



      内側で成就した恋は、外側ではいつ成就するんだろう。

      ”現状じゃどうしようもない関係”から、どんな展開で、

      どんな奇跡が起こって、私たちは結ばれるのだろう・・・。

      私に出来ることは魂に身を任せ、ただ自分を見つめ続けることだけだ。

      魂が渾身の想いを込めて書き上げた極上の大恋愛ストーリーが、

      確実に、段々と紡がれていっているのをハッキリと感じている。

      完成を迎えた時、一体どんな世界が織り成されるのかとても楽しみだ。

      それはきっと、魂が私にいつもみせてくれている

      「最高の人生を生きている私がいる世界」そのものなのだろう。







      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村
















       
      posted by: メモル | アメイジング・ラブSONG♪ | 14:11 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 14:11 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/276
        トラックバック
        2014/07/13 7:37 AM
        -
        管理者の承認待ちトラックバックです。
        -