Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年の創造:その68
0

    昨日、体験を通して、

    ものすごーく勉強になった気づきがあったんだよ。( ̄ ̄)




    『ああ、あれね♪

    そうね、しっかりと自分に意識を向けていると

    様々なことに気づけるようになるわよね。(・∀・)』




    ホント、そうだね。

    それを強く実感したよ。

    昨日の気づきっていうのは、

    高い意識(中立意識)の時と、低い意識(二元性意識)の時では、

    体験の解釈の仕方がまったく違ってくるってこと。

    高い意識の時、全部ポジティブに捉えられていたことが、

    意識が低くなると、途端に恐れに基づいたネガティブな

    意味づけになったんだよ。

    同じ体験なのにね。

    その違いをハッキリと体感したの。

    これはかなり興味深い気づきだったよ。( ̄ ̄)




    『そうね〜。

    目覚めてない子や、目覚めが浅い子は、

    ”高い意識”と”低い意識”を行ったり来たりしているわ。

    それが二元性の揺れ。グラグラ揺さぶられる。

    これが葛藤、悩み、不安の原因。

    でも、高い意識を維持すれば、

    ニュートラルな”観察モード”に脳が切り替わって、

    平和に満ちた穏やかな自分でいられるから、

    低い意識なった時に、

    すぐさま気づけるし、どのようなメカニズムでそれが起こったか、

    が手に取るようにわかってくるわけ。

    素晴らしい気づきだわ♪(・∀・)』




    でさ、その”低い意識”になった時ってのがさ、

    どんな状況だったかっていうと、

    周りに人がたくさんいる状況、だったんだよね。

    これも興味深いことだよ。

    人が周りにたくさんいない時、楽に保てる高い意識が、

    人が密集しているところだと、

    油断してると、すぐに低い意識になっちゃうんだよ。

    すべては波動だから、周りの人の「波(信号)」の影響を

    知らず知らずに受けちゃうんだよね。

    私は超敏感体質だから、特に。

    昨日はそれにすぐ気づけたから、意識を高く維持出来て、

    手放せたわけだけど、

    気づけないと、その”本来の自分ではない波動”にどっぷりつかって、

    それを自分の感情だと思い込んで、長時間モヤモヤし続けることに

    なっちゃうんだよね。

    それだけ、ネガティブで低い波動の人工グリッドが、

    張り巡らされていて、それに流されている人が

    まだまだ多いってことだろうけど・・・。

    この経験はかなり勉強になった!

    高い意識を維持することの大切さも痛感した!( ̄ ̄)




    『そう、だからこそ、そうやって”常に目覚めていること”が重要なの。


    「自分は何者か」

    「自分はどうありたいか」

    を真剣に考え、それを常に意識して、保つことで、

    そこに当てはまらない思考や感情が起こった時に、

    すぐさま対処(選択)出来るようになるわけ。

    メモル、グッジョブよ♪

    意識を高く維持出来てるわね!!(・∀・)』




    って、ことだよね?

    よっしゃー!!

    いいね、いいね〜。

    ますますバージョンアップしてるね〜。

    うんうん、この調子でどんどん自分を高めていくぞー!!( ̄▽ ̄)






    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村




















     
    posted by: メモル | 神との談話2014 | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 09:50 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/286
      トラックバック