Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2014年の創造:その72
    0

      『さ、じゃあ、あの話の続き、行くわよ〜!

      「闇」目的の子の特徴っていうのはね・・・

      いくらこちらが良かれと思って、善意で


      「光」に導こうとしても、拒否する子。

      あと、「光」に一旦関心を示しても、

      すぐにネガティブに戻っちゃうような子。


      そういう子は、「闇」に対する執着が強くて頑固だから、

      よーくよく観察しているとわかるわよ。

      「光」にちょっと興味はあって、光側の人と仲良くしたがったり、

      光側の人たちの集まりとかに参加したりするんだけど、

      いつまでたっても不幸自慢が尽きなかったり、

      常にどこか身体の調子が悪くて、しょっちゅう病院に通っていたり。

      あと、ギャグや冗談が通じにくいってのも特徴ね。

      バカにされたって勘違いしちゃうのよ。

      だらか、命令されたり指示されるのも大嫌い。

      それと、自分が構ってもらえなかったりすると不機嫌になったり、


      ダダをこねたり、ちょっと幼稚なところもあるわ。

      ちょっと厄介な子って感じ?

      そして極め付けが、これ、

      お金に対する”ネガティブな執着”がスゴイ!ってこと〜。

      試しに「闇」っぽい子に「あなたの幸せって何?」って聞いてみて。

      大概、「お金がいっぱいあること♪」って言うから〜!

      たまーに確信犯的に「愛」がらみのこという子もいるけど、

      それは”光のフリ”してるだけ。本心は”お金”。

      相手の「目」をよく観察してみて。

      キラッじゃなくて、ギラッっとしてるはずだから。

      目に本性が出ちゃうのよね〜!

      目は魂と直結してるから、もろバレよ〜。

      だけど、

      そういう特徴は、その子たちのライフパーパスに関係しているから

      しょうがないことなの。

      例え、その子たちがネガティブに偏っていても、

      魂レベルでは「闇」を体験することに喜びを感じているのよ。

      ライフパーパスに良し悪しはないし、

      その目的が「光」だろうが「闇」だろうが、そこに善悪もなし、

      優劣もないわ。

      どちらも尊重すべきことよ。

      だから、そういう子たちの生き方も認めてあげて。


      「距離を置いて、好きなようにさせておく」ってスタンスでいいと思うわ。

      で、それを認めたうえでの注意事項を伝えておくわ。

      「光」の子は思いやりがあって、やさしい子が多いわ。

      つまり、「お人好し」なのよね。

      元々「人を疑う」っていうコードがインプットされてないの。

      だから、そういう子についつい同情してしまいがちだけど、

      そこはビシッと自分を律して、流されることなく、

      自分自身のフィールドを保つことが大事よ。

      これ、ホント大事よ!

      「闇」が目的の子は、同情で周りを巻き込もうとするからね。

      意識的でも、無意識的でもね。

      それはなぜかっていうと、

      「自分の支配下に置きたい」って願望があるからなの。

      優越感に浸りたいの。

      どんな手を使ってでも注目されたいわけ。

      誰かを憐れんだり、気にかけたりする時って、

      実は、その人に支配されてる場合もあるのよ〜。(・∀・)』





      ああ・・・なんか、

      過去出逢った人にも、

      身内にも何人か思い当たる人がいる・・・。
      ( ̄ ̄)




      『でしょうね〜。

       
      だってメモル、あなたは「光」を体験する(再認識する)ために、

      あえて今まで「闇」の子と関わってきたんですもの。

      なぜなら、ライフパーパスを達成するために必要不可欠なことだったからよ。


      今ならその意味、わかるわよね?

      そして、今は「完全なる光」へとシフトしていく過渡期よ。


      「闇」が目的の子と「光」が目的の子は、そろそろ別れの時。

      一緒には行けないのよ。道が違うの。

      目的が違うんだもの、当然よね。

      あなたの世界では、今、

      「闇」がフェイドアウトしていって、

      「光」が急速にフェイドインしてきてる。


      自分の内側と、外側をよくよく観察すれば、

      それがよーくわかるでしょ?(・∀・)




      わかる!

      最近、ますますそれが顕著に現れてきた!!

      それに関する気づきもバンバン起きてる!!( ̄ ̄)




      『そうね。

      あなたが「進化を加速させる」って意図(脳に指示)したから、

      ますますそうなって来てるわよね。

      あなたと宇宙(魂)の願い(目的)が一致している証拠よ。

      今、あなたは宇宙と一体になってる感じよ。

      あなたを通して体験すると決めた宇宙全体の願い通りに

      あなたは突き進んでいるわ。

      一切の迷いなく、自分(宇宙、魂)の想いをクリエイトしているわ。

      その調子で、どんどん進化の道を進んで行ってちょうだい♪

      で、「闇」の子だけど、

      「闇」の子だって元々は「光」なのよ。

      それはわかっておいてね。

      だってアタシたちは、みんな、純粋な意識の源から生まれたんだもの。

      みんな、同じ光よ。

      今世では”ヒール役”に徹してるだけの話で、来世では「光」かもしれないわ。

      みんな目的があって、それぞれの役目に徹しているの。

      真剣にね。

      ガチで、マジなのよ、みんな。

      だから、本当に良い悪いじゃないの。

      この世で、最悪な奴って思える子でも、

      その嫌われ役をあえて買って出た魂としてみれば、

      その勇気に心が震えない?

      今、常に喜びに満ち溢れて生きている子たちは、

      闇に光をもたらすために存在し、

      宇宙全体を「善なる進化」へと導いていく重要な役目があるの。


      喜びに満ち溢れた光の道がアタシたちの本来進むべき道だからよ。

      闇はその光を際立たせるため、

      みんなを光の方向に向かせるために必要だったってこと。

      すべて意味があって存在しているの。

      すべて同価値。同等よ。


      宇宙すべての存在が、進化のために働きかけているの。

      それを心に置いたうえで、

      自分なりの意味づけをし、本心に従って行動を起こすことね。

      戦うと決めたら、真剣に戦うこと。

      和解すると決めたら、本気で和解すること。

      関わりたくないと思ったら、完全に身を引くこと。

      どうしようか迷うなら、とことん迷うこと。

      平和でありたいなら、内なる平和を確立すること。

      どの選択も尊重すべき、崇高な意図よ。

      それがどんな結果を生もうとも、

      宇宙にとって、魂にとっては、すべてが「善」。

      すべての経験は「宝」。

      すべてが「光」。

      目的が「闇」だろうが、「光」だろうが関係ないわ。

      その「目的を生きること」が大事よ!

      そのために、目覚めていること、気づくこと。

      目覚めて気づくために、

      グラウンディングをしっかりと維持すること!

      そして、パーフェクトに目的を達成すること!!(・∀・)』




      うん。

      心から、すべての魂に感謝、そしてリスペクトだ!

      「人生の目的を本気で精一杯生きること!」

      それがすべての魂へ誠心誠意を尽くすことになるんだよね。

      よっしゃー!

      ますますやる気出てきた!

      やったるでぇ〜!!( ̄ ̄)





      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村

















       
      posted by: メモル | 神との談話2014 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:43 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/290
        トラックバック