Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年の創造:その75
0

    『突然だけど、今日は”ナルシスト”について語ろうと思うの。(・∀・)』




    ほー。

    ナルシストって、「うぬぼれ屋さん」のことだよね?( ̄▽ ̄)




    『アタシはね、あなたたちの表現の自由は尊重するし、受け入れているわよ。

    でもね、このナルシストという言葉の定義、そして、

    自分を愛してやまない子たちに対する偏見、

    これに関しては、心穏やかではいられないわね。(・∀・)』




    ああ、なんかわかる。

    私たちの本質(魂意識・宇宙意識)がどれだけ自分を愛してるかがわかると、

    いかにもナルシスト!って人を見ても

    「ちゃんと自分をかまってあげてるんだな〜。

    自分に関心があるんだな〜。」って、

    ほほえましく思えるもん。

    わかりやすいところで、お笑い芸人NONSTYLEの井上とか(笑)

    それが例え、自己陶酔だとしても、

    「満たされていないがベース」だとしても、

    全く自分をかまってあげていない人より、

    100倍”自分LOVE”出来てると思う。( ̄ ̄)




    『そうね。

    意識を向けているのが、自分の「内側」ではないけど、

    自分の「表面」には意識を向けているってことだし、

    自分の欲求に気づいて、ちゃんと満たしてあげているところはグッジョブ!よね。

    でね、アタシは”自分LOVE”が、

    「喜びいっぱいでイキイキと輝く人生の基盤」


    だということを知ってるからこそ、

    世に定着している、自分を愛することへの偏見、


    自分を愛している子に対する偏見をここらでイッチョ、払拭したいわけ。

    ガチでマジよ!!

    いい加減、みんな目を覚ましてちょうだい!って感じよ。

    じゅあ、行くわよ〜。

    まず、ナルシストのルーツとなっているギリシャ神話からみていくわよ。


    「モテモテの美少年ナルシスに恋をした妖精エコーは、

    まったく相手にされないことがショックで

    身体が消えていき、声だけになってしまう。

    これに憤慨した仲間の妖精たちは、復讐の女神に、

    ナルシスが自分以外を愛せないようにしてください、と願った。

    ある日、ナルシスは泉の水面に映った自分の姿に恋してしまう。

    それを自分とは気づかないまま、ますます思いは募り、

    抱きしめてキスしようとするが、水面に手を伸ばせば姿は歪んでしまう。

    恋焦がれるナルシスは、その愛する人に触れることも許されず、

    ただ見つめることしかできないまま

    とうとう力尽き、黄色い水仙の花になってしまった。」


    と、まあ、大体こんな感じの話なんだけど、

    メモル、あなたこれを読んで、どう思った?(・∀・)』




    う〜ん、なんかね、この話に限らず、

    西洋の神話モノって、読んでてすんごくモヤモヤしてくるんだよね〜。

    神話だけに、「神」が主役の話だから、

    やけに最後清らかにまとめようとするんだけど、

    こじ付けっていうかさ、もう無理矢理感がハンパないだよね。

    だってこの話だって、女神だの妖精だのが出てくるから惑わされるけど、

    普通の人間社会の出来事に置き換えてみたらさ・・・

    これって、思いっきり「昼メロ」じゃん(笑)

    ドロドロもいいとこだよね〜。


    復讐の女神が登場しちゃうし!

    神話はさ、”神々の実話”と思わず、”ただの物語(フィクション)”、

    普通の人間の話、これは小説とかドラマって思って読んだほうがいいよね。


    そう思って読むとさ、

    ああ、はいはい、ありがちありがち〜ってなるし、

    そこに深い意味なんて見出そうとも思わないでしょ?

    登場する神一人一人にフォーカスして、真理を追求していくと、

    そこに私たちのルーツであったり、深い意味を見出すことは可能だけど、

    ストーリーに関しては・・・深く意味づけする必要ないかな〜って。

    ”神々の実話”と思うから、

    心理学的とか、教訓的な意味を求めようとしちゃうわけで。


    私は、神話ってその時代の単なる”娯楽”だと思うんだ。

    平安時代の源氏物語と同じでさ。

    だから、この手の話は当時の女性たちも食いついたと思うよ〜!

    神話は、爆発的ヒットしたんじゃないかな〜?

    なんせ神たちがドロドロ役なんだから。( ̄▽ ̄)





    『あら!なかなか面白い解釈ね〜。

    まあ、そういうスタンスなら問題ないわね。

    メモルもさっき言ったけど、

    神話だからといって、ストーリーから心理学的とか、

    教訓的な意味を求めようとしないほうがいいわ。


    「神」が関係していると、

    「これは何か深い意味が込められているのかもしれない!」


    って思いがちだけど、深い意味はないの。

    意味はないけど・・・「意図」はあるかもしれないわよ。

    ってことで、神話は、

    メロドラマ小説だと思って、さら〜っと読むのが一番ね♪(・∀・)』





    そうだね〜。

    でも、思ったんだけど、この話に出てくるエコーも

    仲間の妖精たちも、外側に意識が向き過ぎてるよね。

    だからこそドロドロの波乱万丈なメロドラマの展開になって

    物語としては面白いんだろうけど。

    ナルシスはエコーに全然ときめかなかったから

    相手にしなかったわけで、自分の正直な気持ちに従っただけだよね。

    それを、妖精さんたら、

    勝手にショック受けて、勝手に逆上して呪いかけて。

    ナルシスなんも悪くないのにね〜(笑)

    受け入れられてないのは、妖精さんたちのほうでしょって。

    ただ、真理として観るとさ、


    ナルシス惜しいな〜って感じ。

    「その恋をした相手が”自分自身”だと気づいていない」ってとこが!

    もし、ナルシスが、

    「オレがもっとも愛しているのは自分自身だ!」

    って気づいたら、この後、


    ものすごくミラクルな展開になったんじゃないかな〜。( ̄▽ ̄)





    『あら、さすが!

    鋭いわね〜。

    物語から真理との相違点を見出すなんて、やるわね〜!

    じゃあ、ナルシストに関しては、長〜くなるから、

    この続きはまた次回ね♪(・∀・)』






    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村




















     
    posted by: メモル | 神との談話2014 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:08 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/293
      トラックバック