Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2014年の創造:その77
0

    『ところでね、

    前々回、ナルシストという言葉のルーツになっている

    ギリシャ神話をちょっとクローズアップしたわけだけど・・・

    メモルは神話は「神の話」として深く受け取らず、

    ”人間社会でよくあるドラマ”として読んだ方がいいんじゃないかって

    そう言ってたわよね?(・∀・)』





    うん。だってさー、

    有名な神話のほとんどが、嫉妬だったり、憎悪だったり、

    ドッロドロの話ばっかりでしょ?

    浮気や不倫は当たり前、支配したり、陥れたり、

    罪だ罰だと騒ぎ立てて、自分と対立する者とか、

    自分たちにとって都合の悪い者は、容赦なく無き者にするし、

    ちょっとしたことで、神同士でもすぐ殺し合いに発展するし、

    「これって本当に”神”なの??」

    って頭に「?」が山ほど出ちゃうような、

    ある意味、ぶっ飛んだ話ばっかなんだもん(笑)

    でも、”人間の歴史”をみていくと、事実と相違ないでしょ?

    過去には散々こういうことやってきて、

    いまだにやってる人たちもいるでしょ?

    だから、”神々の実話”というより、

    ”人間社会でよくあるドラマ”かなって。

    なんせ、登場する神々は、

    私たちが「心」にイメージする”慈愛に満ちた神”とは正反対な神ばっかり!

    ナルシスの話もそうだよね。

    妖精は嫉妬や憎悪に満ちてたし、復讐の女神なんてのも出てきたし。

    で、ただ正直に自分の本音に従って、交際を”お断り”しただけの何の罪もない

    少年のナルシスはその「神とは思えない神」によって、

    呪いをかけられたんだよ!

    あり得なくない??

    これが本当に神??

    どう考えても信じられないでしょ?

    つーか、信じろってほうが無理でしょ(笑)

    だって、本当の神だったら、

    「自分を愛することは真の喜びなんだよ。そして、

    自分を愛することは万物を愛するってことなんだよ。」って

    って”教える(気づかせる)”はずだもん。

    「自分しか愛せなくなる呪い」なんて発想、ぶっ飛びすぎ(笑)

    しかもナルシスに、恋した相手が自分自身だって気づかせないようにもしてる。

    めちゃくちゃ巧妙だよね。


    ある意味、神がかってるよ(笑)

    その発想が、あまりにもネガティブに偏り過ぎてて、

    ここまで極めてると逆にスゴイっていうか、

    おもしろ〜って笑えてくるよ。( ̄ ̄)




    『そうなの。

    そこなのよ。

    本質と繋がっていると、

    つまり、しっかりとグラウンディング出来ていると、

    自分(の目的)ではないものに、「気づく」わよね。

    そして次々と「疑問」が湧き出てくる。

    そもそも、あなたたちは、

    「神 = 慈愛に満ちた精神」

    というイメージを強く持っているわ。

    ・・・それは、なぜかしら?

    ところが、神話に出てくる神々は、なにやら様子がおかしい・・・。

    ・・・自分の中の何が引っかかるのかしら?

    それに、本質は、

    「愛(すべてを受け入れている)」や

    「至福(常に満たされている)」

    といった”ニュートラルな意識”なはずなのに、

    その”本質の一部であるはずの私たち”は、

    どうして「違う」んだろう?

    一部であるなら、同じであっていいはずなのに・・・。

    なのに、常にネガティブとポジティブに揺れ動いて、

    いつまでも思考や感情に振り回されたままで、

    ”本来の状態”である意識を維持できないんだろう?

    ってね。(・∀・)』





    確かに・・・。

    それは、「人間らしさ」とも捉えることは出来るけど・・・

    あれ?そもそも人間らしさって何だ?

    神話が人間ドラマだとしても、人間の歴史ってなんでそんなにドロドロしてんだ?

    っていうか、なんでドロドロの部分しかクローズアップされてないんだ??

    まあ、一つの側面というか、表現方法であるけど・・・。

    それはそれとして。

    にしても、世界を見渡すと、私がみているビジョンである、

    ”光の世界”とはかけ離れすぎている部分もまだまだある・・・。

    光に近い世界は存在してるし増えているけど、まだ少ない・・・。

    もしかして、

    ”真逆の性質”がクローズアップされてばかりだから、

    人間ってそういうものだ、って思い込んてしまっているだけなんじゃないの?

    この神々に見習おう!みたいな?

    すごーく昔から、無意識的に、

    「神話の神々のやり方 = ”正しい”生き方のお手本」

    になっちゃってるんじゃないの〜??

    だから、そういう世界が創造されちゃうんじゃないの〜?( ̄ ̄)





    『そうそう、そうやって今までの常識に疑問を投げかけていくのは

    さらなる「気づき」に繋がるし、常に「目覚めた意識」でいられるわ。

    しっかりとグラウンディングが出来ていると、

    何かをきっかけに様々な疑問が湧き上がってくるはずよ。

    その時、決して流さないこと。

    疑問に向き合うことは、「自分と向き合うこと」だからよ。

    きちんと向き合うことで、さらなる進化に繋がるわ。


    ここで!

    アタシから大きなブレイクスルーを起こすための

    スーパークエスチョンを提案するわ♪

    まず、こう考えてみて欲しいの。

    「神話は実話(実際に起こったこと、記録)である」と。

    そう捉えたあと、こう自分に投げかけるの。

    「じゃあ、神話に登場する神は、一体何者なのか?

    本当に”私たちが思っているような神”なのか?」

    ってね?

    うふふ。

    そうしたら、どんなシンクロニシティが起こるかしらね〜♪

    その”答え”は、シンクロニシティ(現象、出来事)を通して、

    「直感」が教えてくれるわ。

    楽しみね〜。(・∀・)』






    つづく・・・

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村

















     
    posted by: メモル | 神との談話2014 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 14:17 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/295
      トラックバック