Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2015年の統合:その16
    0

      『早速、前回の続き〜♪

      と、その前に、言い忘れてた大事なことがあるの。

      ツインとのファーストコンタクトでは、


      ビビビッっと感じず、「何となく気になる」程度のぼや〜んとした感覚


      だ、って説明したけど、

      これね、実は、女性側が特に感じる感覚なの。

      もちろん、男性側もぼや〜んとした感覚の場合もあるわ。

      でもね、例外があって・・・

      「ツインレイの男性側」の場合は、ちょっと違うのよ。

      その感覚は、


      その女性に、心を鷲掴みにされる感覚


      なのよ〜。

      一目惚れに近いんだけど、ビビビッっとは違くて、

      グワシッ!っとハートを掴まれて身動き取れなくなるような感じ?

      天使の矢にハートを射抜かれたような感じ?

      もう完全に意識全部が持っていかれる感じ?

      そのくらい強烈に女性側にゾッコンになって、

      その女性が自分のすべてになってしまうくらい無我夢中になる感覚なの。

      なぜそうなるか、というとね、ツインレイの男性側の場合、


      生まれつき霊性がとてつもなく高く、超サイキック!


      だからなのよ。

      一般的に見るとね、どちらかというと女性のほうが霊性が高く、サイキック(敏感)でしょ?

      よく言うじゃない?夫が浮気した時は雰囲気でわかる、みたいなこと。

      大概、男性のほうが鈍感で幼稚で、女性のほうが感覚が大人の場合が多いわよね。

      ところが、最高進化型魂のツインレイの場合は特殊で、

      男性側のほうが、女性側より一足お先に進化した状態で出逢うので、

      一般的な世の男性とはまるで違くて、


      生まれつきとっても高尚で、高潔


      なの♪

      これがツインレイの場合の大きな特徴よ。

      ツインレイの男性の場合、小さい頃から感覚が大人過ぎて、

      人間社会からかなり浮いた存在だったり、馴染めなかったりして、

      疎外感や孤独感、苛立ちを抱えやすかったと思うの。

      雲の上の存在のような感じで、霊性が高すぎるもんだから、

      社会意識とは周波数が合わず、人知れず苦労は多かったと思うの。

      「俺、何のために生きてるんだろ・・・」

      なんてこともしょっちゅう思う悩んだりもしてきたはずよ。

      そんな時、ツインレイの女性側に出会った瞬間、ツインレイの男性側は、


      生きることの本当の意味を見出す!


      のよ〜♪

      この時、元々勘が鋭い上に、魂レベルでハッと覚醒するから、

      もうその女性に釘づけになっちゃうわけ。

      だから、ツインレイの男性側の行動の一番の特徴が、


      女性側をじーーーーーっと見つめる


      なの!

      これは、本当にじーーーーーっと見つめてしまうのよ。

      目と目があったら、その後、男性側から目をそらすことはないの。

      でね、ツインレイかどうかを確かめるために、

      女の子たちにやってもらいたいことがあるの。

      彼と目と目が合って、通り過ぎた後、しばらくしてから振り返ってごらんなさい。

      男性がまだあなたのことをじーーーーーっと温かい眼差しで見つめていたなら、

      ツインレイで間違いないわよ♪

      これは、親しくなる前に試してみてね。

      親しくなってからだと、ツインレイじゃなくてもやる行為だからね。

      あくまでも親密になる前、よ。

      ね、面白いでしょ〜。

      このくらい顕著にツインレイの特徴は行動に現れるもんなのよ。

      なんてったって、完璧完全な神の体現者であり、自分の最高の写し鏡なわけだから、

      あり得ないくらい見とれて当然でしょ♪♪(・∀・)』




      そっかー。

      なんでそんなにじーーーーーっと見つめるんだろ?って不思議だったけど、

      そういうことだったんだね。

      あまりにも見つめられるもんだから、

      その時は、もしや私に何か憑いてるんじゃないか?

      とか、変なことも考えたりしたけど(笑)

      でも、見つめられるときの眼差しは、そういう感じじゃなくて、

      すごーく深い愛を感じるというか、温かいというか、

      私のすべてを包み込んでくれるような、ハート全開パワーと

      大きな翼を広げたような大らかさを感じるから、


      もしかしたら、すごく思われているんじゃないか


      と気づいて、

      「この人は一体何者なんだろう?」ってなったんだけどね。

      で、(・∀・)から『ツインレイよ♪』って教えてもらって。

      あれよあれよという間に、とてつもなく進化・成長をし続けて今にいたる、と。( ̄▽ ̄)




      『そうそう、それとね、

      相手が自分に好意を持っているかどうか確かめる方法があるから、

      教えるわね♪


      「目と目が合った時、眉毛が上がって、相手の眼がパッと見開いたら

      好意を持たれている」



      逆に、

      「目と目があった時、眉間が寄って、相手の眼が座ったようになったら

      好意を持たれていない」



      ね?

      これは確実だし、解かりやすいでしょ。

      男女の関係に限らず、人間関係すべてで言えることだわね。

      「目」は本性を映し出すからね〜。

      だって、”魂の窓”なんだもの〜♪

      目の表情をみれば、好かれているか好かれていないかは一目瞭然よ!

      一目瞭然!!あら、この四字熟語そのまんまだわね!

      それと、ツインレイの場合、

      お互いがお互いに親しみや心地良さ、トキメキや安らぎを与えるので、


      いつでも好意的で、好印象


      なのもチェックポイントよ♪

      お互いに、魂レベルでレゾナンスして、ハート全開になるからね。

      だから、一度でも「嫌われているんじゃないか」とか「もしかして避けられてる?」

      なんて相手の言動にそう感じることがあったなら・・・

      残念ながらその相手はツインレイではないわね。

      ただのソウルメイトで、ほぼほぼカルマの相手、だわね〜(・∀・)』





      なるほどー。

      でさ、前回、話が途中だった、


      接触があってから、自分自身が著しい進化・成長をし続けているか


      は、まさに起こっていることだよね!

      異変が起こった2012年当時の私とも、

      2013年当時の私とも、2014年当時の私とも、

      今の2015年の私は


      まるで別人!(いい意味で)


      だもの!!( ̄▽ ̄)





      『そうそう!そうなのよ!

      まるで別人になったような感覚こそ、進化・成長を遂げている証しなの!

      これについては、またまた次回ね♪

      話が長くなっちゃたから〜どんだけ〜(・∀・)』





      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!

      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村


      ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

      好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/


      「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

      あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

      →詳しくはコチラをご覧ください

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





















       
      posted by: メモル | 神との談話2015 | 11:20 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:20 | - | - | - | - |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/09/21 2:30 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/333
        トラックバック