Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2015年の統合:その35
    0

      あ〜〜〜!

      寝て起きたら、スッキリしたーーー!!

      何て言うか・・・寝ている間に自分の中で整理がついたみたい!

      今はもう世の中の”見方”が「スピリット目線」になってるって感じ。

      カルマ・輪廻から解脱してからスピリット目線でみてる時は

      時々はあったんだけど・・・常に、じゃなかったんだよね。

      行ったり来たりしちゃってた。

      常に地球儀をクルクル全回転させて、全方向から見なきゃならないのに、

      気づかぬうちに、止めちゃってたんだよね〜。

      でも、エゴを大いに活用してくれた今回のことをきっかけに、

      より一層スピリット目線が定着したみたい!( ̄▽ ̄)




      『そのようね♪

      マインドが魂にグッと近づき、神(愛)と一体であることを

      思い出せば思い出すほど、

      ”愛”とはどういうことか、”慈悲の心”とはどういうことか、

      がより一層理解出来るでしょ?

      頭で、というより、感覚でね。(・∀・)』




      うん、そうだね。

      今までは、自分が感じる感情は、自分のだけのものだと思っていたけど、

      違う、そうじゃないって気づいた。

      「私」が感じている悲しみは、

      神(愛)から引き離された、という誤解から生じる

      「世界(マインド)」の悲しみであり、

      「私」が感じている喜びは、

      神(愛)と一体であることを思いだした時の

      「世界(マインド)」の喜びなんだな〜って。

      恐れや不安、悲しみや怒りを感じるとさ、

      次の瞬間には、

      「ああ、こんなにも私たちの心(マインド)は傷ついてしまっているんだ」

      って、慈悲の思いが込み上げてくるんだよ。

      今朝、通りすがりにZIP!のニュースを見た時、

      もう次から次へと「悲しみ」や「怒り」を感知したんだよね。

      神から切り離された絶望感、というのかな、

      それは本当は誤解なんだけど、その絶望感に生命力を奪われている

      マインドの哀れな姿がいたたまれなくなって・・・。

      それでも、前を向いて生きるんだ!負けちゃダメだ!

      という精神力(魂の叫び、エール)も感じられて・・・。

      こういう気持ちは、カルマ・輪廻から解脱してからすでに

      始まってたことなんだけど、今日はそれをとてつもなく痛感した!

      「神(愛)」と一つであることをどうにかして思い出して欲しい!

      そういう思いが込み上げてきた!( ̄◇ ̄)




      『それこそ、スピリット目線、「スピリット・マインド」そのものだわね。

      我が子を思う、親の純粋な気持ちよね。

      神(愛)と一体となっているからこそ、感じる思いよね。

      そうなのよ、神と一つになるって、そういうことなのよ。

      世の中の見方が、個人レベルじゃなくなるのよ。

      心も一つ、になるのよ。

      思考も感情も魂もひとつ。

      切り離されているものなど、何一つ無い。

      すべてが一つ。

      たった一つのスピリット。

      それをあなたたち(マインド)が完全に理解した(思い出した)時、

      つまり、完全に神(愛)と一つに溶け合ったとき、

      このまやかしの幻想世界は崩壊し、真の現実という、

      「完全で、完璧で、不変の永遠の愛の世界」が姿を現すのよ!!(・∀・)』




      うん、それは「外側」にはないんだよね。

      外側に探し求めちゃ絶対にたどり着けないんだよね。

      「何かを手に入れた」という、夢まぼろしを見ているだけで、

      それはいつかは失ってしまう運命なんだよね。

      マインドが意識を内側に向けない限り、

      永遠の真実の愛は見つからないんだよね・・・( ̄◇ ̄)





      『そうよ。

      だからこそ、大いなるスピリットと一体で在り続けなきゃ!

      マインドを鍛え上げて、意識を常に内側に向け続けるってことよ!!

      もう本当にちょっとの油断で外側に向いちゃうからね。

      そうさせないためにも、

      より目を覚まさせるためにも、

      アタシたちがエゴを活用する理由がわかってもらえたかしら?

      これは、すでに伝えた通り、

      神の意図(愛)よ。

      深く深く愛されているのよ。

      「絶対に離れないで!永遠に一緒にいよう!!」って神が懇願しているのよ。

      「絶対にぼくから目をそらさないで!!」ってね。

      ・・・わかる?

      この真っ直ぐな熱い想いを強く強く感じるでしょ?

      あなたの前に現れた”ツインレイの彼”という幻想は、

      あなたの前に現れた”神(愛)の象徴”なのよ。”神の体現者”。

      身体を持って目の前に現れた”大いなるスピリット”よ。

      何度もそう伝えたでしょ?

      あなたはハッキリと彼の背中に大天使のような大きな翼をみたでしょ?

      あなたの内側で起こったことが、そのすべてを証明しているでしょ?

      もう二度と、あなた(マインド)が神から離れることのないよう、

      神と一体で在り続けられるよう、

      神の元へと導いてくれた、愛という名のスピリット。

      つまり、”本当のあなた”そのもの。

      またこんなこと言うと、あなたが幻想バージョンの”彼”に執着してしまう

      かもしれないけど・・・もう大丈夫そうね。

      い〜い?冷静に、外側で起こったことではなく、

      あなたの内側で起こったことを振り返ってみて。

      今まで感じたことのない喜びやトキメキ、意識の変化・変容、

      形ない、肉眼では見ることの出来ない内側の世界で起きたことは、

      まぎれもない「真実」であり、「現実」よ。

      あなたはそれを「経験」したの。

      マインドはこれをすんなりと受け入れられないかもしれないけど、

      内側で起こっていることこそ、リアルなのよ。

      例えそれが「外側」に顕現されなかったとしても、

      がっかりしなくていいのよ。

      むしろ、まやかしの幻想世界で結ばれなくて良かったのよ!

      だって、”その地点”で結ばれたら、その愛は「まがいもの」ってことだもの!

      逆説的に言うと、二人の愛は、本当に、

      正真正銘の永遠の真実の愛だって証明されたのよ!

      あなた(マインド)が完全に神と一体となるそのタイミングを

      ”彼(スピリット)”は待ってくれていたのよ。

      完全に自分の元へと還って来てくれるその時をね。

      大丈夫!

      あなたがこれからマスターへの道を歩めば歩むほど、

      すんなりと理解できると思うわ。

      そして神聖なる時が訪れ、彼とあなたは、

      神(愛)と共に創造した本当の世界で、めぐり会い、

      永遠の真実の愛を誓い合うでしょう.。.:*☆(・∀・)』





      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村


      ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

      好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/


      「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

      あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

      →詳しくはコチラをご覧ください

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★




















       
      posted by: メモル | 神との談話2015 | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 11:36 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/370
        トラックバック