Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2015年の統合:その37
    0

      いや〜、この前の「エゴを活用した浄化」のおかげで、

      ホント、より一層視界がクリアになった感じだよ、目が覚めたのを実感!

      昨日より、さらに今日、世界が今までとは違って見えたよ。

      内側が反映されている外側を”マインドが創り出した世界”だという認識で

      眺めると、現状、いかに私たちの心や思考がこんがらがった状態かを痛感したもの。

      私たちは知らないうちにマインドコントロールされて、

      分厚くて真っ黒なグラサンをかけられしまったんだな・・・って。

      だから、真剣にさ、エゴ(神から分裂した心)が開発した

      恐れのマインドコントロールシステムを見くびったらアカンと思った!!

      このとてつもなく巧妙、かつ、根深いプログラミングが、

      私たちのバックグラウンド(無意識下)で常に作動していて、

      日々バージョンアップしてる実態がみえてくると、

      「志村、後ろー!」じゃないけどさ、

      「みんな、起きろー!」「グラサン外してー!」って叫びたくなるね。

      これは魂の叫びだね。( ̄◇ ̄)





      『ええ、そうなのよ。

      もうね、これはね、目覚めて気づかない限り、

      永久にマインドコントロールされ続けちゃうのよ。

      ブッダちゃんが、

      「こいつ、マジでヤバいから!お前ら死ぬ気で修行して!」って、

      弟子たちに口酸っぱく言ってた理由がわかるでしょ?

      本当に巧みなんだから!

      エゴをなめたらあかんぜよっ!

      もうホントに冗談抜きで、リアルにガチでね!!

      アタシがエゴについて話すとき、「エゴの罠に引っかかっちゃダメよ!」と

      非情なことを言ったり、かと思えば、「エゴは救いを求めているのよ」と

      まるで同情するかのようなことを言ったりして、

      「も〜、どっちなのよ?」って思う時があるでしょ?

      それはね、マインドコントロールシステムの影響を最小限に抑えるために

      意図的にそういうふうに言ってるの。

      なぜなら、エゴを憎いヤツと捉え、怒ったり、責めたり、攻撃しようとすることと、

      エゴを憎めないヤツと捉え、感情移入して、可哀想だわって同情してしまうことは、

      どちらも「偏った感情」を生み出し、心のバランスがガタガタに崩れてしまうからなの。

      バランスが崩れると、このエゴ・システムに思いっきり蝕まれちゃうのよ!

      もうほんのちょっとのバランスの乱れもNGなのよ!!

      ブッダちゃんが説いたように、

      常に自分の内側に意識を向け、内観し続け、

      エゴの誘惑に引きずり込まれないよう、意志がグラつかないよう、

      精神統一(魂ハイヤーセルフにチューニング)し、心(マインド)が

      両端に偏らないよう、真っ直ぐ(中道)に保ち続けることがとっても重要なの!!

      中道(ちゅうどう)という、どちらにも偏らない、

      エゴ・システムに影響されない状態を保持出来るよう、

      両端の捉え方が「同時に、いつ、どんな状況においても」

      出来るようになってほしいの。

      つまり、「エゴは悪でもあり、善でもある」もしくは、

      「エゴは悪でもないし、善でもない」という、

      「どちらも受け入れる」思考がパッと出来るようになってほしいのよ。

      あなたたちは、エゴ・システムに思いっきり影響を受けた「学校」という組織の中で、

      「答えはひとつだ。」というふうに刷り込まれてしまったために、

      「どっちなのよ?どちらかに決めてくんなきゃ困るわよ。」って、

      反射的に答えをひとつに絞ってしまうクセがなかなか抜けないわけ。

      だから、これは日々の訓練でもって、

      「答えは一つではない。どちらにもとれるし、どちらにもとれない。」

      という捉え方に”自力”で、シフトしていかなければならないの。

      これはね、神(愛)と一体であることを思い出し、

      まやかしの幻想世界から真の現実へ華麗に飛び移るためにも

      必要不可欠のスキルなの!

      中道というスタンスは、まさに「愛」なのよ。

      偏らず、それら両極を包括する(一つにする)状態、それが「愛」!(・∀・)』





      うんうん、そうなんだよね。

      今までなぜ、私たちマインド(世界)が、複雑にこんがらがって、

      バランスを失っていたかっていうと、

      「どっちもアリ + どちらもナシ」って考え方が出来なかったからなんだよね。

      「どちらかひとつに決めなさい」って強制されてきたからさ、

      「どっちもアリかもだし、どっちもナシかもな〜」って思ってても、

      そうすることに、恐れや罪悪感を感じてしまうようになっちゃたんだよね。

      優柔不断だとか、消極的だとか、レッテル貼られたりしてね。

      そんなのが重なって、知らず知らずのうちにドツボにはまっていくわけだ・・・

      ホント、巧みなシステムだな〜。( ̄◇ ̄)





      『そうなのよ。

      だから、中道というスタンスを維持することが重要になってくるのよ。

      これは、以前も何度か話したことあるわよね?

      でも、ここでもう一度、吟味して見直してみてちょうだい。

      マインドコントロールは進化してるし、知らず知らずのうちに蝕まれるかも、

      という危険性も考慮しつつ、万全の態勢を整えておくように!

      グラサンをかけたままの無防備な楽天主義でいたら、真っ先にやられるわよ!!

      この状態で内なる旅をするってのはね、Tシャツ短パンサンダル手ぶらで、

      エベレストに登頂しようとすることと同じぐらい無謀なことなの。

      「備えあればうれいなし」!!

      あと、それに加えてね、

      このエゴのマインドコントロールシステムのメカニズムを

      よーく理解する、ということも重要よ。

      「エゴとは何たるか?」を徹底的に調査するの。

      その創立者、誕生秘話、沿革、概要、理念、方針、

      実績、提携先、役員、顧問、ニュースリリース、アクセスマップにいたるまで、

      ありとあらゆる角度からね。

      「どういうところが悪と映るのか?どういうところが善と映るのか?」

      という、中道ポジションを保ちつつね。

      この「理解する」ということも「愛」だし、

      徹底的に調べる、「関心を持つ」ことも「愛」。

      これはかなり高度なスキルだけど、神にグーーーンと近づけるわよ。

      「無知」と「無関心」というスタンスは、果てしなく神から遠ざかるばかり。

      ただし、かなりハイレベルな取り組みだから、

      調査開始時期は、ハイヤーセルフのGOサインが来てからよ。

      ドラクエのラストボスに挑むときのように、レベルも経験値も十分で、

      魔法や装備もフルで、仲間も完璧な状態であれば、楽勝でしょ?

      準備が万全じゃないと、ボスに出くわしたときに即全滅、ゲームオーバー!

      メモルもアタシのサインを受け取ってから調査開始したから、

      ボスに出会っても「ワクワクした〜♪」って感じに楽勝だったわけ。

      だから、ブログ読者の子たちも、

      ハイヤーセルフのサインが来てからのほうがいいわよ。

      じゃないと、ミイラ取りがミイラになってしまうからね。

      というわけなんで、

      壮大なマインド(心)のスーパーアメイジングな旅の先にある、

      神が待っている本当の我が家へたどり着きたい!と本気で願う子は、

      まずは、「中道」をしっかりとマスターするようにね〜♪(・∀・)』





      つづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村


      ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

      好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/


      「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

      あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

      →詳しくはコチラをご覧ください

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





















       
      posted by: メモル | 神との談話2015 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:35 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/372
        トラックバック