Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    100万回の「I love you」/Rake
    0

      さっき、また胸がキュンとなった。

      心の中で、

      彼があの”笑顔”で微笑んでくれたから。

      そしたら、

      また、会いたくなって、

      涙が溢れてきた。

      切なくて、たまらなくなった。

      心は、本当に”割り切れない”んだな・・・。



      そしたら、彼からラブレターが届いた。

      Rakeの『100万回の「I love you」』







      ”「愛してる」の言葉だけじゃ 足りないくらい君が好き


      「愛してる」の言葉を100万回君に送ろう”



      ”今すぐ君に会いに行こう


      この青い空を飛び越えて Baby , I love you”



      ”いつもどこにいたって


      気にしてるのは一つだけ


      君は笑っていますか・・・”





      ”ちょっぴりブルー”な私に気づいて、

      すぐに贈ってくれたメッセージに、

      また泣けた。



      ツインレイは、

      高次元で統合するために待っていてくれている

      もう一人の自分。

      ”彼”とこの次元でも結ばれるのかどうかはわからないけど、

      ”彼”は、私を幻想世界から救い出そうとして、

      懸命に働きかけてくれているんだって、感じられる。

      いつかは、

      この地球を離れる時が訪れる。

      地球でのミッションを完了したら、次に行く場所がある。

      魂スピリットの巡礼の旅は終わらない。

      2012年から、”彼”に「こっちだよ!」って導かれて、

      私は、地球から旅立つ、その準備をしているんだ・・・

      そう感じるようになってきた。

      カルマ・輪廻から解脱できない間は、

      何度も地球に戻って来なきゃならないけど、

      私は、もう、ここへは戻ってこないんだろうな。

      そう感じる。

      大宇宙から与えられた任務を果たしたら、

      『星の王子さま』のように、

      自分の星に帰るのだろう。

      跡形もなく、消えたかのように。

      何となく、そう思う。

      だから、もう一人の自分が迎えに来たのだろう。

      帰り支度に取り掛かるようにと、

      ”ツインレイの彼”として、

      目の前に、現れたのだろう。




      ”きっと みんな抱いてる


      それぞれの特別を


      僕にとって紛れもなく


      それは君だから”





      そう思うと、何となく腑に落ちる自分がいる。

      ”彼”が「特別」な意味も。

      最近、(・∀・)に「死」について熟考するように促されている。

      「死」という究極の恐れと向き合うようにと。

      「死」を超越することを自我に自覚させるために。

      「死」って、つまり・・・

      この地球から旅立つこと。

      私たちは、地球に訪れた旅人にすぎない。

      地球での人生は、壮大な宇宙の旅の通過点。

      地球での旅(学び)が終わったら、

      新たな星で、新たな任務が待っている。

      エゴの執着が強力過ぎるあまり解脱が非常に難しいこの星で、

      見事に解脱を果たした魂に与えられる賞賛と祝福が待っている。

      死後の世界、あの世という次元にはいくつかあるようだ。

      その最高次元、というか、それらを越えたところに「天国」という

      唯一実在する場所がある。

      真の宇宙がある。

      神が待つ”故郷”だ。

      そこへ到達するためには、

      私たちが現実と思っているこの幻想世界という

      夢の中に居る間に、”故郷”を思い出さなければ、

      夢の中で夢を悟って、完全に目覚めなければ、

      そこに帰還出来ないようだ。

      出来ない、というか、

      恐れや迷いという”不要な付着物”が魂の足を引っ張り、

      まばゆいばかりの光を受け入れられず、

      この闇の中に自分自身を留めてしまうようだ。

      光を拒絶してしまうのだ。

      そうやって、

      不要な付着物を捨て去り、

      神の光を完全に受け入れられるようになるまで、

      何度も地球に戻って、輪廻転生を繰り返す。

      この次元で見事スピリットとして目覚めた者は、

      「真実の愛を思い出す」。

      そして、それを”具現化”して、

      最高バージョンの地球を神と共に”創造”する。

      それが”最終任務”なのかもしれない。

      だから、そのために欠かせない「同士」である

      ”彼”を思い続けるのかもしれない。

      お互いに、想い合うのかもしれない。




      ”他には何もいらない 本気でそう言えるんだよ


      僕の中にはいつだって 君がいるんだよ”





      消えない”笑顔”。

      消えない”想い”。

      もしかしたら、ずっと心の中にあったのかも。

      それを”彼”に出会って、

      思い出しただけなのかも。

      実在するものを

      映し出したのかも。

      故郷(実在する世界)にいる一つになった自分が、

      夢の中で彷徨っている私に

      真実の光を見せてくれているのかも。




      ”どれほど時間が経ったって 関係ないよ君が好き


      どんな台詞を並べても 伝えきれないこの想い”





      本物の恋は、

      永遠不変の愛は、

      時間を超えるんだ。

      そして、言葉も無意味になるんだ。

      それが、

      ”真実”なんだろう。





      ”「愛してる」の言葉だけじゃ 足りないくらい君が好き


      「愛してる」の言葉を100万回君に送ろう


      Baby , I love you”






      真に愛する想いは、

      この地球上の言葉をどれだけ並べても、

      伝えきれやしない。

      見つめ合う瞳と瞳が、

      ハートで感じる確かな想いが、

      その一瞬で、無限の想いを伝え合っている。

      この次元で結ばれるかどうかは、

      わからない。

      でも、

      私が地球から旅立つときは、

      地球にいる”彼”と共に故郷に帰るのだろう。

      二つに分かれていた

      自分自身と一つとなって、

      本当の自分がいる

      本当の世界で、

      あたたかくて大きなハートに包まれて、

      この夢から目覚めるのだろう。











      歌詞はコチラ

      『100万回の「I love you」』 2011年発売シングル曲


      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村


      ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

      好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/


      「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

      あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

      →詳しくはコチラをご覧ください

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★





















       
      posted by: メモル | アメイジング・ラブSONG♪ | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 00:25 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/395
        トラックバック