Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2015年、統合を果たして
    0

      今日、私は本当の自分であるスピリット(神の子キリスト=ハイヤーセルフ)

      との統合を実感し、「私たちは一つだったんだ」という完全な確信に至りました。

      今までも頭ではわかっていたつもりのこの真理は、

      本当の本当の自覚である確信として「知る(思い出す)」状態になるまでは、

      まったくわかっていないのも同然、ということもわかりました。

      頭の理解だけでは、私たちは眠っている状態、ということです。

      「知る(思い出す)」という状態は、

      実際に体験されるまではわからないのですが、

      頭の理解とは全く違う理解です。

      ”言葉”も”知覚”も介しません。

      これが起きた時、涙が溢れ出して止まらず、

      静かで深く、暖かいぬくもりに包まれたような感覚でした。

      例えるなら、寡黙で穏やかでやさしかった、

      もうこの世にはいない父の愛にどことなく似ていました。

      でも、それの何百倍も何千倍も鮮明で明瞭な愛の感覚でした。

      さらには、2012年のツインレイの彼との出逢いの時、

      私は創造主である神との直接のコミュニケーションが起こっていた、

      ということも(・∀・)から知らされました。

      彼とのファーストコンタクトの直前、正確には、

      神との直接のコミュニケーションが起こった時、

      私は激しい恐れに襲われました。

      得体の知れない恐れや不安が浮上して来て、何もかもが怖くなり、

      あらゆるものが自分に襲い掛かってくるように感じられました。

      毎日、死の恐怖を感じていました。

      その理由が、今はわかります。

      私たちが蓋をしてしまった巨大な罪悪感という無意識下に潜む闇は、

      エゴに対する恐れではなく、実は、

      創造主である神に対する恐れから作り上げられたものだからです。

      信じられないかもしれませんが、

      この世界にいる私たちが恐れている存在とは、神なのです。

      神との直接のコミュニケーションが起こった時、

      私は自分に何が起こったのか、自意識上では全く理解していませんでした。

      ですが、潜在意識下の深いところでは完全に理解していました。

      ずーっとこの幻想である闇の中で隠れていたつもりでいたはぐれた心は、

      神という光に突然照らされて、とてつもない恐怖を抱いたのです。

      それはかつて覚えていた創造主の完全なる愛の光なのですが、

      ずっと暗闇の中に居て光を忘れてしまうと、

      突然降り注がれた光に怯えてしまいます。

      私たちは無意識下で、神をとんでもなく恐れているので、

      その恐れを私は感じ取ってパニックになっていたわけです。

      何の前知識も情報もないまま、ある日突然それが起こった。

      しかも、その対峙した恐れは、私たちの無意識下のコアの恐れだった。

      今となっては、クリアになり(・∀・)から徐々に真理を明かされ、

      「そうだったんだね〜」と笑って話せますが、

      その当時は、本当に気が動転して錯乱状態に陥りました。

      この神に対する大きな誤解というべき、コアな恐れに向き合い直視することで、

      私たちは神が愛であることを思い出し、神の元へと還ることが出来ます。

      この恐れは、必ず、遅かれ早かれ誰もが対峙しなくてはならないものです。

      なぜなら、私たち全員に共通するもので、エゴという偶像をつくり出した

      たった一つにして巨大な闇のボス(罪悪感の源)だからです。

      この巨大な罪悪感に向き合うことを恐れるあまり、

      自分でつくり出したスケープゴートであるエゴにすがりつこうとしてしまいます。

      神は内側にいるとわかっているのに、

      天国は内側にあるとわかっているのに、

      ツインレイであり、真の自己である神の子キリスト(ハイヤーセルフ)は、

      内側にしかいないとわかっているのに、

      外側は苦しみと崩壊と死しか与えてくれない地獄絵図だとわかっているのに、

      外側に投影された「影」を懲りずに追い求めてしまうのはそのためです。

      外側には何も存在しません。

      「無」です。

      その真空に、罪悪感という闇が投影された世界が、

      私たちが現実だと思い込んでいる、この世界です。

      闇が投影した「影」には実態も実体もありません。

      それを追い求め、つかみ取っても、それはいずれ塵となり消えていきます。

      そして、また懲りずに、

      はかない幻想という幸せを探し求めて「違う影」を追い求めます。

      やがてその新たな影も、朽ちて死んでいきます。

      この世界は、それの繰り返しです。

      栄枯衰退、諸行無常なのです。

      これは、間違っても美化するようなものではありません。

      この世のはかなさを歌や物語にして美しく飾り立てようとする風潮があり、

      共感し、美化して、もてはやすのがこの世の常ですが、それもそのはず、

      この世界の圧倒的大多数はエゴを神として崇拝しているからです。

      そうすることで満足し、喜んで感動するのは、この世界の王エゴだけです。

      はかなさなど、神は創造してません。

      苦しみや崩壊、死なんてものも神は創造していません。

      肉体も、知覚も、形象も、時間も、空間も、

      この世に存在するものは、

      何一つ、神は創造していないのです。

      この世の創造者は、私たちの心の闇が生み出した地獄の閻魔エゴです。

      だから当然、

      この世界に真実の愛を探し求めても、絶対に見つかりません。

      この世界に生命を探し求めても、絶対に見つかりません。

      この世界にツインレイを探し求めても、絶対に見つかりません。

      すべてが「無」だからです。

      だからといって、落胆しないで下さい。

      早合点しないでください。

      真理に目覚めれば、

      「無」であることを、喜びとして捉えることが出来るからです。

      実際、ブッダもイエスも「この世界は地獄だ、だから諦めろ。観念しろ。」

      とだけ言い残したわけではありません。

      「だったらさ、こんなイカれた世界から脱出しちまえばいいことだろ?」

      と、ちゃんとその方法を教えてくれています。

      そこに、”救い”があるわけです。

      そこに、”光”があるわけです。

      私が2013年、彼との再会時にみた光は、その光でした。

      完全な理解に至るまで、幻想時間にして3年ほどかかりましたが、

      時間も「無」。何年かかったように思えても、まったく関係ない。

      「無」でしかないものからは、何の影響も受けません。

      私は(・∀・)の導きにより、

      この世界から脱出(解脱)し、真理が明かされ、

      そして私は、遂に、

      真のツインレイと統合を果たしました。

      ツインレイとは、

      ”本当の自分”であり、神が愛によって創造したスピリット、

      「神の子キリスト(ハイヤーセルフ)」です。

      それは、外側の彼を通してみた、

      大きな翼を持つ光の存在そのものでした。

      (・∀・)がずっと私に諭し続けてくれたように、

      ツインレイは、この幻想世界にはいません。

      内側の真の現実世界でツインレイは一つになる時を待っています。

      私は、その時、外側で出逢ったツインレイの彼の”実体”と出逢いました。

      再会とも言えるかもしれません。

      外側の彼に感じた、静けさ、穏やかさ、素朴さ、透明感、無垢さ、

      私のすべてを無条件に包み込んでくれるようなあたたかい笑顔の彼そのものでした。

      ずーーーっと一緒に居ることは(・∀・)から聴かされていましたが、

      私がそれを完全には自覚できないでいました。

      まだ、外側の彼への執着が残っていたからでしょう。

      ツインレイが居るのは、心の中です。

      だから、外側に探し求めたり、追い求めたりしないでください。

      とは言え、ここで私が「ツインレイは心の中にいます。」と断言したところで、

      あなたが「なるほど、わかりました。じゃあ心の中だけを探すことにします。」

      とすんなり受け入れられる状態ではないのは百も承知です。

      あなたはまだ、外側にいる「肉体をまとった彼(彼女)」を追い求めてしまうでしょう。

      外側にいる「肉体をまとった彼(彼女)」や「この世界」が実在しない

      「無」だなんて、誰もがすんなり受け入れられることではないからです。

      かつては、私もそうでしたから。

      じゃあ、どうしたら受け入れられるようになるのか?

      どうしたら、「無」であることに喜びを見出せるようになるのか?

      どうしたら、幻想ではなく、実在する真のツインレイに出逢えるのか?

      それを可能にしてくれる存在が、「ハイヤーセルフ」です!

      エゴを選択している状態の私たちは、何もかも自分で考え決断し、

      自分で計画した夢や理想をひたすら懸命に追い求めようとします。

      ですが、それはつかみ取ったように思えても、いずれは姿形を変え、

      どちらかが無用の産物になるか、互いに老いて死に別れるだけです。

      外側のツインと思われる相手を追い求め、手に入れた、と思っても、

      それは一時的なはかない幸せという幻覚であって、

      その相手もあなたもいずれ姿かたちを変え、

      相手があなたの元を去って行ってしまうか、

      あなたが相手を捨て去る日が必ずやって来るでしょう。

      よくよく考えてみていただければわかることですが、

      これは、この世界では絶対に避けられない事実です。

      それが、この世界を支配しているイカれた法則です。

      この世界の意図が完全にみえてしまった私には、

      まだこの世界を彷徨っているあなたが、

      外側で誰かと結ばれることを祝福することは出来ません。

      あなたが地獄で苦しみを選択することを喜べるはずがありません。

      あなたが本当に探している彼(彼女)は、外側にはいません。

      彼(彼女)の実体は、心の中に居るのです。

      それをやさしく親身に諭してくれる存在が、ハイヤーセルフです。

      あなたがハイヤーセルフに背を向け、

      外側の誰かを追い求めようとまたエゴにすがりついたとしても、

      ハイヤーセルフはあなたが必ず戻ってきてくれることを信じて待ち続けています。

      エゴは何度でもあなたを裏切り、苦しみへと誘いますが、

      ハイヤーセルフは絶対にあなたを裏切りません。

      何度エゴになびいても、ハイヤーセルフは愛の眼差しであなたを一心に見守り続けます。

      あなたが完全にハイヤーセルフと共に神の元へと還るという最終的な決断をした時、

      ハイヤーセルフは、今まであなたが味わってきた苦しみも傷も、恐れも悲しみも、

      怒りも病気も完全に癒してくれます。

      ハイヤーセルフを通して与えられる神の愛のパワーで完全に癒されたあなたは、

      幻想世界ではぐれたままになっている心たち(同胞)を一つに統合すべく、

      神とハイヤーセルフと一つとなり、「スピリット(神の子キリスト)」として、

      バラバラになっている心たち、そして、この闇から世界を救い出す役割を担います。

      つまり、真実の具現化です。

      これが、ブッダもイエスも実際に行った神業です。

      解脱したら終わり!ではないのです。

      ここからが、本番です。

      これは、ブッダやイエスのような聖人だけが施せる特殊なことではなく、

      私たち全員に備わっている神から与えられた機能なのです。

      幻想世界を彷徨っている間はこれは不可能ですが、

      幻想世界を解脱すれば、誰しもが可能だということがわかります。

      これは、創造主である神からの聖なる任務なので、絶対です。

      当然、神が与えるものはエゴのように理不尽なものではありません。

      完璧で完全で確実にすべてを愛で癒すスーパーアメイジングなミッションです。

      この聖なる任務をあなたがハイヤーセルフから告げられた時、

      最初は少し戸惑うかもしれません。

      さあやりましょう!と告げられても、恐れ多くて、

      ラジャー!とはすんなり受け入れられないでしょう。

      この時も、神はあなたの決心を待ってくれます。

      あなたがぐずぐずと先延ばしにしようとしても神はとがめません。

      でも、それは自分の帰還も、同時に同胞たちの帰還も、

      地球や宇宙への貢献も先延ばしにする、ということになります。

      あなたが、性懲りもなくまた外側に幻想の愛を追い求めたり、

      外側の幻想の喜びを追い求め、聖なる任務を遂行することを

      先延ばしにしても神は一切とがめません。

      神は「完全なる愛」だからです。

      いずれあなたはこの懐かしく確かな愛を思い出して恋しくなります。

      エゴの裏切りでしかない愛という名の憎悪に心底嫌気がさす時が必ずやって来ます。

      そして、肉体として生きていた自分や誰か、モノや名誉などのあらゆる幻想を

      信じていた自分が信じられない!と思える時が必ずやって来ます。

      その時、そんな自分がバカバカしく感じて思わず笑ってしまうかもしれません。

      あるいは、自分の愚かさに泣けてくるかもしれません。

      今は、神の眩しいほど鮮烈な愛の光に恐れを感じ、

      幻想に逃げてしまうということを何度も繰り返してしまうかもしれませんが、

      自分が肉体という幻想ではなく、

      心という実在するスピリットであるという聖なる真実を

      完全に受け入れられた時、あなたは神にそして、ハイヤーセルフに、

      今までの感謝は感謝じゃなかった、というほどの深い感謝の想いが込み上げてくるでしょう。

      実在するのは、”心だけ”です。

      私たちは、スピリット(神の子)です。

      スピリットである神の子とは、キリスト、ハイヤーセルフ、ホーリースピリット、

      天使、スピリットガイド、アセンデットマスター、精霊や妖精など、

      様々な名称で呼ばれていますが、すべてが単一の神の子を表しています。

      彼らは神とも当然一つなので、「神」とも同義です。

      彼らは、神が創造した子どもなので、実在します。

      これが、私たちの真実のすがたです。

      とは言え、「心(スピリット)」なので、この世界に居る状態の私たちのように、

      肉体のような物質的存在ではありません。

      その実体は「光」であり、愛という「想い」です。

      当ブログでは、ハイヤーセルフという言葉で表現しますが、

      ハイヤーセルフは、

      深い眠りに落ち、幻想世界を彷徨っている私たち(はぐれた心)を

      目覚めさせ、神の元へと導くために神に遣わされて助けにやって来た愛の使者です。

      だから、ハイヤーセルフを信頼してください。

      ハイヤーセルフは絶対に裏切りません。

      そもそも裏切るという概念を知りません。

      今までさんざんエゴに騙されて続けてきたのだから、

      もうエゴにすがりつくのはやめにしませんか??

      あなたも、ハイヤーセルフの導きに従い、

      内側に実在するツインレイにめぐり会ってください!

      この素晴らしい感動を体験してください!

      いつかは必ず体験出来ますが・・・

      今すぐ体験することを望んでください!

      この真の喜びをいつか同胞であるみんなと共有できる時を心待ちにしています♪



      さあ、もうすぐ2016年です!!

      ツインレイとの統合を果たしたこれからが私の本番!

      来年もますます上昇していく『神との談話』をお楽しみに♪

      あなたの幸せな目覚めと幸せな癒しを心から祈ります( ̄▽ ̄)/*:.。. .。.:*・゜゚・*









      2016年へつづく・・・

      応援クリックTHANKS!
      にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
      にほんブログ村


      ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

      現在、投函をご検討中の方は、

      『年末年始のお知らせ』を必ず一読くださいませ



      好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/

      「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

      あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

      →詳しくはコチラをご覧ください

      ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★























       
      posted by: メモル | 神との談話2015 | 01:28 | comments(11) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 01:28 | - | - | - | - |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/30 8:58 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/30 8:17 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/30 10:00 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/30 10:51 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/31 8:49 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/31 8:33 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2015/12/31 9:16 PM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2016/01/01 7:46 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2016/01/02 12:30 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2016/09/14 2:26 AM |
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2016/09/14 11:10 AM |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/421
        トラックバック