Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
緩急自在で生きまっしょい!:その5
0

     

    そこのYOU!!YOU!!YOU!!!

     

    ス・ピ・ヲ・タしてるか〜い?フォォォーーー!!

     

    っつーことで、

     

    お陰様で大好評(?)アニスピヲタのコーナーでっす(笑)

     

     

     

    今回、ご紹介する作品は、TBSにて絶賛アニメ放映中の

     

    『はんだくん』

     

    で、ございます♪

     

     

     

     

     

     

    月刊ガンガン(スクウェア・エニックス)での連載のコミックでしたが、

     

    現在は連載を終了し、先日12日、

     

    連載としてはラストの単行本6巻と公式アンソロジーが発売しますた!

     

    と思いきや!

     

    アニメ化スペシャルとして、ガンガンにはんだくんが期間限定で再び連載開始!!

     

    おいおい・・・

     

    おぬし、やけに詳し過ぎるんじゃないの?

     

    と思われたあなた!!

     

    鋭いですね〜、見破りましたね〜。

     

    フッフッフ・・・

     

    何を隠そう、このわたくし、

     

    半田軍化してる半田バカ(中毒者)なのであります!!(←はんだくん読者にはわかる)

     

    もはや、ERASER状態です(←これも、はんだくん読者にはわかる)

     

    はんだくんに関しては目がありません。

     

    はんだくん絡みのグッズは憑りつかれた様に収集してしまいます。

     

    はんだくんの「は・・・」の字にもう反応してキュンキュンです。

     

    はんだくんフェア開催中のアニメイトはミーの天国ざ〜んす!!!

     

    ね、怖いでしょ?

     

    かなりヤバいでしょ??

     

    アホ丸出しでしょ???

     

    完全にスピヲタ通り越して、単なるアニヲタになりつつあるでしょ??

     

    でも、

     

    いいーーーーーんですっ!(川平慈英もしくは博多華丸調で)

     

    アニメやマンガは、れっきとした世界に誇るニッポンの文化!

     

    アニメ・マンガ愛、及び、はんだ愛は、”日本愛”であります!

     

    これは(・∀・)も推しております。

     

    うん、マジでそう思うよ、私。

     

    大いに自負できる日本の文化だよ〜♪

     

    そして、もっとも大事なのが、これ、

     

    突き詰めれば、「神への愛&神からの愛」の現れなのであります!!

     

    そう、すべては神へと通じ、神から生じるってこと。

     

    これを忘れちゃいけないね。

     

    ”本当の親”を忘れちゃいけない。

     

    宇宙に存在するうちらはみんな神から生まれた、

     

    あ、神から生まれた子だってことを!!(なぜ、2回言った?・・・強調さ)

     

    これを知るために(思い出すために)うちらはここにいて、

     

    これを伝えるためにうちらはここにいる。

     

    この世で大事なことって、これだけ。

     

    いつもどんな時でも、常に真の親である「神」のことを想うこと。

     

    それだけ。

     

    それだけで、もうなんもいらない。

     

    本当のこと。

     

    うちらがめぐり会い、結ばれたいと懇願しているのは、

     

    ツインレイと思われる「人間」ではなく、

     

    真のツインレイである「神(ハイヤー)」なんだ。

     

    これを勘違いしちゃいけない。

     

    ”外側の誰か(人間)”へ向かっている意識状態は、全部「執着」そのもの。

     

    内側へ進んで行って、真のツインレイ(ハイヤー)と一つになって、

     

    意識が反転しないうちは、例外なく、どれもみな執着なんだよ。

     

    これ、ちゃんと受け入れなきゃダメだよ〜。

     

    反転してない自己(エゴ)判断は超・危険だよ。

     

    自分の感覚、過信しない方が身のためだよ。

     

    誰に言ってんの?

     

    うん、”誰か(人間)”に言ってんの。

     

    執着を認めずに、光に背を向け闇にとどまろうとしている

     

    ”頑固者(エゴ信者)”がものすごく多いからね。

     

    しっかりと闇と向き合わなきゃ。

     

    自分の意志で、ハイヤーに光を当ててもらわなきゃ。

     

    何度転生しても、”同じパターンの茶番の繰り返し”だよ。

     

    それで、いいのかい??

     

    ・・・・・

     

    伝えてちょうだい♪って、(・∀・)が言うもんだから。

     

    だから、偉そうに聴こえようが、私はどう思われようが構わない。

     

    包み隠さず伝えるよ。

     

    だって、”自覚症状ない”からさ。

     

    心当たりある人、うん、そう、YOUだよYOU。

     

     

     

     

    ってことでね、

     

    内側に実存する真のツインレイであるハイヤーと一つになり、

     

    意識(世界)が”反転”しないうちは、

     

    3次元時空間意識という無の地獄世界にいるようなもんなんですよ。

     

    いくらスピを知ってても、学んでても、セラピー受けてても。

     

    ただただ、エゴ化が強化される一方なんでね、

     

    この世のスピって立ち悪いっす。つくづく、ほんまに。

     

    ”転倒”してるからね。

     

    思い込みや勘違いを強化して意固地にさせるだけなんだよ。

     

    これじゃあ、いつまで経っても、

     

    罪悪感という恐れに囚われた「クソ闇地獄の住人(by おそ松さん)」のままです。

     

     

    そう、はんだくんのように・・・。

     

     

    『はんだくん』は、人気コミック『ばらかもん』の主人公、

     

    書道家・半田清舟の高校時代のお話。

     

    わたくし、『ばらかもん』はアニメ視ましたけど、ぶっちゃけ全くハマりませんでした。

     

    同じ半田くんで、同じ作家さんの作品ですが、どういうわけか・・・。

     

    ところが、

     

    スピンオフである『はんだくん』のほうは、コミックから入りましたが、

     

    もうスピヲタアンテナがビンビン反応しましてね。

     

    「こりゃスゲー・・・スゴ過ぎる・・・」

     

    と、主人公の半田清を偶像崇拝してしちまうほど、どハマりしちゃいましたーアハハ。

     

    だってね、半田くんって、

     

    まさに、3次元時空間意識に囚われた無明の極み!なんですものー。

     

    ほんで取り巻きの半田軍の面々もね。

     

    前にも紹介した『おそ松さん』並に、いや、それを上回ったかな?ってくらいに、

     

    エゴ化して狂っているこの世界にいるうちらの意識状態を

     

    めちゃくちゃわかりやすく、正確に、しかも上質なギャグにして、

     

    ”それぞれの立場で”客観的に学べる、

     

    優れたスピヲタよだれもんの教材なんでございますのよー。

     

     

    視聴する上での重要ポイントをメインにお伝えしますが、

     

    主人公の半田くんは完全にネガティブ側です。

     

    で、半田くんの取り巻き(ストーカー?)の半田軍はポジティブ側です。

     

    ほいで、ここでのポイントが、

     

    「どっちも狂っている」ということ。

     

    どちらも正常の意識状態ではない。

     

    よくスピではね、ポジティブを良しとする傾向が強いけど、

     

    その思い込み、危険だからね。

     

    エゴ化した3次元時空間意識の状態は、

     

    半田くんと半田軍のようにネガとポジの両極端を行ったり来たりする。

     

    ポジに偏り過ぎると、そのうち反動でネガに偏るから。

     

    エゴ化してるってことは、二極化の揺さぶりをモロに受けるってことだから。

     

    ね、どっちかに偏る傾向がある人、要注意。

     

    どっちも眠ってるエゴ化状態だからね。

     

    で、エゴ化していない目覚めた高次元意識状態ってのはね、

     

    ネガの半田くんでもなく、ポジの半田軍でない、

     

    中立の状態。

     

    中立組は、

     

    登場人物で言えば、半田軍の一員だけど唯一”本当の半田”を見抜いている

     

    自称モブキャラの近藤くん。

     

    それと、得意の手相で半田くんを占ったことのあるつぐみちゃん(3巻に登場)

     

    で、半田くんがネガになる要因を招いた人物、だけど半田くん唯一の親友、川藤。

     

    私が高次の視点で冷静に、”エゴ化している心の状態(中立組以外のキャラ)”を

     

    認識して理解している「まとも(正気)な人」だな〜と思ったのはこの3人。

     

    この視点になることが重要。

     

    これは、ネガとポジの真ん中であるけれど、

     

    この真ん中ってのは、実は上に昇ってる状態で、高次元。

     

    ピラミッドの頂点をイメージしてもらうとわかりやすいかな?

     

    この意識状態は、ピラミッドの底辺付近である

     

    3次元時空間意識の物質次元のネガポジと同じ高さじゃなくて、

     

    上なの、上位なの。

     

    ハイヤーとコネクトして高次の意識状態(高次の存在)になるとね、

     

    エゴ化してる3次元時空間意識(無明)状態側からは、

     

    トリックスター的存在として変人扱いされることが多かったりする。

     

    エゴ化した無明意識が目覚めてくると、

     

    「ああ、彼は良き理解者だったんだ・・・」ってことが、

     

    段々とわかってくるんだけど、

     

    それまでは「敵」や「鬼」や「悪魔」と勘違いされることがあったりする。

     

    それがこの作品、ホント見事にキャラ付けされてて感心する。

     

    近藤くんって、半田くんの良き理解者なのに、

     

    半田くんにめっちゃ誤解されて、一番嫌われてるからね(笑)

     

    もうね、半田くんも半田軍も思い込みや勘違いというとんでもなく狂った意識状態で

     

    「世界(双方、自己と他者)」をみているわけ。

     

    「エゴ化してるって、こういう状態なんだ・・・」

     

    って、ものスゴーーーく勉強になると思うよ、”自分自身を客観視する学び”ね。

     

    『おそ松さん』もそうだけど、

     

    エゴ化状態って、上位の視点から観るとめちゃめちゃ笑えるんだよね。

     

    まさにギャグだよ、ギャグ。

     

    でもさ、エゴ化してる状態だとギャグだって捉えられないの。

     

    もう何もかも深刻でさ、笑いの要素一切なし。

     

    『はんだくん』をスピ視点で読み込めれば、

     

    そんな無意味でバカげた深刻さを笑い飛ばせる新たな視点を与えてくれるよ。

     

     

     

    ハイヤーと一つになって高次の視点になると観えてくるんだよ。

     

    思い込みや勘違いというとんでもなく狂った意識状態でいてもさ、

     

    お互いがお互いをサポートし合ってることを。

     

    助け合って、フォローし合ってるの。

     

    それが、ハッキリと観えてくるんだよね。

     

    赦された世界がさ。

     

     

     

    半田軍は、半田くんを。

     

    半田くんは、半田軍やその他大勢を。

     

    本人たちはその自覚ないけどね(笑)

     

     

     

    半田くんが「私(自己、量子力学でいう観測者)」だとしたら、

     

    半田軍たち取り巻きは、「あなた(他者)」側。

     

    その逆も然り。でもそのままの状態でいちゃダメ。

     

    うちらはハイヤーと繋がって、

     

    宇宙という「大いなる私とあなた」となり、上位の”近藤くん視点”を持ち、

     

    彼ら(はぐれた心)を冷静にあるがままに認識して理解出来るようにならなきゃ。

     

     

    それが、統合となり、”真の愛の力”となるからだよ。

     

     

    ”私”と”あなた”の関係は、うちら神の子と創造主である神との関係でもある。

     

    これは、真のツインレイという関係性のことだよ。

     

    これが唯一無二の関係性。

     

     

     

    半田くんがいくら世界に恐れを感じて怯えていても、

     

    半田軍は、ちゃ〜んと半田くんを陰から見守ってくれていて、

     

    フォローしてくれている。

     

    彼らのやり方は勘違いもはなはだしいし、アホ全開だけどね(笑)

     

    でも、そこには不器用ながらも「愛(理解しようとする意欲)」がある。

     

    半田軍なりのね。

     

    半田くんは迷惑してるけど(笑)

     

    彼は、”愛されてる”のを知らないし、

     

    思いっきり歪曲しちゃってるからね。

     

     

     

    誰もが愛されているんだよ。

     

    半田くんのようにね。

     

    そうじゃないように見えても、だよ。

     

    本人に自覚がなくても、だよ。

     

    誰に??

     

     

     

    「神」にだよ。

     

     

     

    決まってるじゃん。

     

    それをうちらは知らないだけだよ。

     

    気づいてないだけ。

     

    半田くんのようにね。

     

     

     

    ホント、だまされたと思って、一度アニメ視てごらん。

     

    コミックでもいいよ。

     

    とにかく、お試し読みでもいいから、一度みてみ♪

     

    触れてみ♪♪

     

    こんな素晴らしい「心(意識)を学べる教材」はないよ〜。

     

    こりゃ現代版の古事記(神話)だね!ってくらい、

     

    あたしゃ『はんだくん』を”神推し”するぜぃ!

     

     

     

    あー、まだ語り足りないくらい。

     

    でも、このままエンドレスで書き続けちゃいそうだから

     

    このへんで(笑)

     

     

     

     

     

     

    Special thanks

    ガンガンコミックス『はんだくん』 Created by ヨシノサツキ

     

     

     

     

     

     

    応援クリックTHANKS!
    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
    にほんブログ村


    ★★★★★★★★お知らせ★★★★★★★★★★★★★★

    ▼ラジオDJなりきりスピンオフ企画

    『【超絶スピヲタラジオ】メモ☆ラジ』オンエア!!

    神談(・∀・)チャンネル

    ご登録いただくと更新の際、メールで通知が届きます☆


    ▼好評いただいておりますっ( ̄▽ ̄)/

    「お悩み相談BOX」を期間限定で設置中!

    あなたに”(・∀・)の一言メッセージ”をお届け♪

    →詳しくはコチラをご覧ください

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★











     

     

     

     

     

     

     

    posted by: メモル | 神との談話2016 | 01:10 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 01:10 | - | - | - | - |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/15 1:27 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/15 2:59 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/15 4:43 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/15 11:11 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/19 8:32 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/19 11:48 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/26 10:30 PM |
      管理者の承認待ちコメントです。
      | - | 2016/07/28 12:10 PM |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/450
      トラックバック