Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
「アセンションって何?」な話
0
    前回のつづき 『2012年の異変:その2』に行く前に。



    「アセンション」って何?

    ってところを突っ込んでみたいと思います!


    自分で、自分に(^^ゞ



    まず、「アセンション」の一般的な解釈は「次元上昇」

    で、「次元上昇」ってどういうことかというと、

    スピリチュアルな世界(精神世界)でよく言われてるのが

    「3次元から5次元への移行」

    で、「移行」ってどういうことかっていうと、

    「ある状態から、ほかの状態へ移っていくこと。」(goo辞書より)




    ここで、自分なりのざっくり解釈。

    「ある状態」=「3次元」=「地球いる自分の感覚」

    「他の状態」=「5次元」=「地球いる自分の感覚」+「地球外にいる自分の感覚」



    もっと小難しく言っちゃうと、

    「ある状態」=「3次元」=「自我意識」

    「他の状態」=「5次元」=「自我意識」+「高次の意識(真我)」




    で、先にアセンションしたスピリチュアルティーチャーたちの解釈は、

    「気づき」「目覚め」「悟り」「波動の上昇」

    「意識革命」などなど。

    多分、「ハイヤーセルフとつながる」とか

    「アカシックレコードにつながる」とか

    「自我の消滅」とかも同じことを言っていると思う。



    が、しかし、どの言葉も、同じことを指しているのに

    なんでしょう、このモヤっと感。

    わかるような、わからないような・・・。



    そう、この手の話って・・・超モヤっとしてるんです(^Д^)




    3次元から5次元に移行っていうと、もう自分が自分で

    居られなくなっちゃうような雰囲気ただよってますけど、

    「ええ?!人間じゃなくて、光になっちゃうの〜?!」みたいな。



    自分で経験してみて感じたことは、

    私の中では、自分が変化して別人になるっていうよりも、

    今までの自分に、もう一人自分がプラスされるような

    そんなイメージなんです。

    (解釈は、人それぞれ、千差万別ですが)

    で、プラスされた後、その「もう一人の自分に主導権が移る」って感じ。

    で、そのもう一人の自分ってのが、「本当の自分」なんですけどね。



    その「プラスされる」ってのをほかの言い方にすると

    「気づく」なんですよね。

    「もう一人の自分(本当の自分)」が後から加わった

    みたいな言い方しちゃってますけど・・・





    「もう一人の自分」って今までもずーっと居たんですよ。





    でも「今までの自分」はもう一人の存在に気づけなかった。

    (いや、その存在を隠そうとしていた・・・?)

    そんでもって、今まで自分だと思っていた「今までの自分」は

    「本当の自分」じゃなかった!




    という一見、とーってもこんがらがっているような話が

    スーッと腑に落ちる瞬間・・・

    これがいわゆる「アセンション」ではなかろうかと。




    簡単に言うと、


    「もう一人の自分(本当の自分)」の存在に「気づく(アセンションする)」



    もひとつ、違う言い方をすると。



    「自分の正体を思い出す」




    で、もひとつ、おまけに

    「本当の自分」サイドからの言い方だと、




    「あっ、思い出しちゃったぁ〜(ノ∀`)

    せっかく忘れてたのにぃ〜(´ε`;)

    もぉ〜う、私ったらっ!(^_-)-☆ 

    まっいっか〜キャハハ〜('∀`)」





    って感じです・・・。







    アセンション(気づき)が訪れると、これまでの価値観が

    覆されて、新しい視点であらゆることをみられるようになる

    のは確かです。



    が・・・




    これで終わりじゃあなかったんですね!



    まだまだ、続くんですね!



    新たなアセンションの扉が用意されていたんですね!!





    私が経験したのは、アセンションの初めの一歩、



    いや、まだスタートラインに立っただけなのかも?



    なんて思ったりしてます(^^ゞ



    まあ、そりゃそうですよねっ、これが人生の醍醐味ってもんですから。



    以上、余談でした<(_ _)> 








    posted by: メモル | 神との談話〜序章〜 | 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:09 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/50
      トラックバック