Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2012年の異変:その5
0

    スピリチュアルティーチャーたちとの出会いによって 

    導かれたライフパーパス「本当の自分を知る」は、 

    本腰をいれて探究し始め、

    それは書籍から明らかになることもたくさんありましたが、 

    スピリットガイドたち(守護霊、ハイヤーセルフ、天使とかいわれる存在)は、 

    新たなる出会いを用意してくれました。 



    それは、「レイキ」と言われるエネルギーワークです。 

    (レイキについては、検索していただければたくさんの情報が 

    ご覧いただけると思うのでここでの説明は省きます。) 



    「新たなる出会い」なんて書いちゃいましたが・・・

     実は、過去にレイキを修得したことがありまして・・・ 

    (ってゆうか、再会?)

    ですが、あまり・・・というかぶっちゃけ全然活用してませんでした(^^ゞ 

    その講座自体、ガッツリ教わるというものではなく、 

    ティーチャーの楽しいお話会♪みたいなゆる〜い感じのものだったので、 

    レイキが私の中で、ぼやけたものになってしまっていました(-_-;) 

    それがいいとか悪いの問題ではなく、その時私にとってあまり 

    響かなかったということは、興味本位で受けてはみたけど、 

    必要としている時ではなかった・・・ 

    というだけの話だったんだと思います(^^ゞ 



    で、2012年にまた出会うわけですが、今回は、 

    「リベンジ!」 という気持ちもあったし、 

    「体調良くなるなら、何でもいいから私を助けて〜゚(゚´Д`゚)゚」 

    というすがりたい?気持ちも強かったので、 

    本気(マジ)で取り組みました。 



    過去の受講時には印象の薄かった「セルフヒーリング」というものに 

    今回は、とことん取り組み始めました。 

    セルフヒーリングとは、 

    レイキのエネルギーを自分自身に流すことです。 

    対面で他の人に流す方法も教わりますが、 

    その時の私にとっては何よりも先に 

    「とにかく自分!自分を癒したい!!」 

    という心境だったので、対面は重要視してませんでした。 

    今回出会った先生も 

    「自分自身が元気な状態でないと、人を癒すことはできません。 

    だから、まずはセルフヒーリングをしっかり行なってください。」 

    というモットーだったので、 

    とても自分に合っていたと思います。 



    レイキのセルフヒーリングを始めてから、 

    確実に体調が良くなってきました。

    動悸や息切れも前ほど気にならなくなってきました。

    そして、少しずつ少しずつですが、

    「あー、しあわせ♪」

    という前向きな気持ちでいられる時間が増えてきたのです。



    この状態は、その時の私にとっては

    「ああっ!!今、私、幸せだって感じられてる?!」

    と驚愕したくらいの出来事でした。

    それほど、恐れや不安だらけの日々を過ごしていたと思うと・・・



    「もう絶対スピリチュアルやめないぞ〜


    だって、もうこんな辛い目に会いたくないもんね〜゚(゚´Д`゚)゚」



    という固い決意(?)がみなぎるわけです。


    で、ここでもまた



    「魂は、めっさ賢い」



    という事実を身にしみて感じさせられるわけです。ハイ〜<(_ _)> 

    すべてはお任せです。ハイ〜<(_ _)> 

    あなた(魂)に着いて行きますです。ハイ〜<(_ _)> 






    ・・・つづいちゃいますよ?








    posted by: メモル | 神との談話〜序章〜 | 14:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 14:38 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/55
      トラックバック