Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その5
    0

      自分で創造しているのに、どうなっていくのかわからんちん! 

      なのは、どうしてかぁ〜〜〜? 

      ・・・・・・ 

      たぶん全部わかっちゃったら、つまんないから〜〜〜! 


      ・・・あると思います。 


      この説は、細分化していくと「観念が〜」とか「カルマが〜」とか

      小難しい話に発展していくので、ここでは割愛。

      だとしても、その心は?

      と、単純化していったら、やっぱり

      「わかっちゃったら、つまんない」とか

      「このほうが、面白い!」

      になる、ってーのが最もしっくりくる。

      で、わざわざ自我とか観念とかカルマとかで

      カモフラージュしてるって感じ。



      例えば、推理やミステリーなどの謎解きものや、クイズやなぞなぞ、 

      勉強好きさんは、試験やテスト。 

      先に答えがわかってる状態で解くのって、楽しいか? と考える。

      うーん、張合いがないかな〜。 

      問題を解く、答えを導き出す過程の 

      あーでもない、こーでもないと考えに考えて、挑んだ

      その結果に一喜一憂する醍醐味ってありますもんねぇ。 

      それが青春!情熱!!一所懸命、松岡修造!!!

      って感じに熱く盛り上がりるのが人間として「生きてる!」

      実感がわきますもんねぇ?



      だから創造主である神としては、「答え」を一旦全部忘れて、 

      あえて迷える子羊状態の自分をたくさん創り、そこから

      「本当の自分は創造している意識(神)であり、宇宙そのもの!」

      という究極の答えにたどり着けるかな〜?

      と、えらくビックスケールのなぞなぞを

      自分で自分に出して喜んでいる・・・



      あると思います。



      そうやって楽しむほどに、神というものは、

      人智を、想像を超えるほどのまさに「超楽天家」だと思うわけです。

      私がそう思うのは、実体験からなのですが、

      過去記事にも書きましたが、2012年の異変の時、

      得体のしれない恐怖や不安に押しつぶされそうになっていて、

      ベランダから飛び降りたら楽になれるかも・・・

      というほどの状態になっていた私が、ある日瞑想直後に聞いた

      本当の自分の声は、


      「このカラダに居れてうれしい!地球で生きてるって最高!」


      Σ(゚д゚lll)

      それはもう、もんのすごい喜びに満ち溢れて、幸せ最高潮!

      って感じだったんです。

      「自覚している自分」と「本当の自分」に

      とてつもないギャップを感じた瞬間でした。



      とするとー、

      苦しんだり、恐れたりといったネガティブな状態は、

      本質ではないけれど、そういった感情を持っていない神にとっては、

      それをこの地球上で体験できることも喜びになる・・・



      あると思います。



      経験から、そう思わずにはいられないのですよぉ。

      宇宙の根源である神という存在にとっては、

      何もかも、全てが「喜び」なのだ!と。



      とはいえ、いくら源では喜んでいるとしてもー、

      地球で生きている人間という立場からしてみれば、

      「苦しみ」ってのはイヤなものです。

      その昔ブッダは言った、「この世は苦である。」と。

      生きていればいろいろあるわけでー。

      もし生きているのがつらいと感じてしまっている場合は、

      ブッダの教えに習って、

      「この世は苦である。」と一旦受け止めることで

      なんというか、腹が据わるということもあります。

      そうすると地に足がつく。

      今を、現実を認めて受け入れられる。

      腹を据えた上で、ここでー!ついにー!

      あの真実が力を発揮するかもよ?



      「自分自身が神(=創造の源)」



      貸切の映画館でポップコーンをムシャムシャ食べながら

      神はスクリーンの中で苦しみもがき助けを求める自分に

      ツッコミを入れたそうな。



      「そない言うなら「苦」を創造するの、やめたらええやん!(・∀・)」



      ムシャムシャムシャムシャ・・・ガリッ!

      「!!!ポップ失敗したコーンおもっきりかんでもーたー(´Д⊂」

      (注:関西弁ですが、某ゾウさんではございません)



      ア、アメイジング・・・



      つづく・・・








      posted by: メモル | 神との談話2013 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:18 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/62
        トラックバック