Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その7
    0

      「必ず、幸せになる方法は、ある」ということについての

      重要キーワード(?)が2つほどありまして、

      1つは、

      「そない言うなら「苦」を創造するの、やめたらええやん!(・∀・)」

      で、2つめは、

      「神なんじゃけぇ、自ら「喜び」を創造すりゃぁええんじゃ!(・∀・)」

      です(^^ゞ



      この言葉を見て、恐らく即、疑問が浮かんでくる可能性高し。

      「ほほう・・・・・・で、どうやって?」

      という疑問が。



      あまりにも単純明快、シンプル極まりない言葉は、

      「ある状態」でないと、すこぶる難解で奇妙奇天烈摩訶不思議に思えて、

      たくさんの「???」が脳裏を駆け巡ることに。

      他にも「手放しなさい」「あるがままでいい」とかも。



      「言ってる意味は、わかる。でも、どうすればいいのかわからない。」



      私にアセンションが起きたのが、今年の4月頃。

      それが起こるまでの、アセンション前の私がこの状態(^^ゞ

      ディープな精神世界の本を読むたびに、この疑問がポコポコ出ました。



      だから、スピリチュアルティーチャーたちの言うことが、

      どうも腑に落ちなかった。

      今までの習慣や、知らず知らずうちに洗脳によって、

      「やり方(方法)が知りたいのー!」

      というある程度の進歩は望めても、堂々巡りを繰り返す状態に

      自らなりたがる。無意識に。

      なので、必然的に、

      「言ってる意味は、わかる。でも、どうすればいいのかわからない。」

      という疑問が条件反射でわいてしまうのであります。



      「ある状態」というのは、人生をゲームと例えると、

      「神モード」でプレイしている状態。

      私の経験上、「神モード」に切り替わると、

      シンプルな言葉の意味するところが、感覚でわかってくる。

      言葉をエネルギーで読み取るような感じになる。



      ってことで、ここらでちょいと、

      スピリチュアルの世界で人生を「ゲーム」に例えてわかりやすく

      説明しているティーチャーたちのように、

      私もマネして自分なりに例えてみようかとー。



      人生は「人間モード」と「神モード」の

      2つのプレイモードで楽しめるゲームだとする。



      まずは、「人間モード」。

      デフォルトで、みんなこのモードからスタート。

      思考が優位に立っている状態、分離感が強いため、

      自分だけの利益しか考えてない状態、

      「私」「俺」という一人の人間としての自分でしか認識していない状態、

      つまり、「自我」を自分自身だと思い込んでいる状態。

      人間モードでのプレイには、「自我」が標準装備で付いている。

      この自我プログラムは無意識のうちに発動し、

      これに気づかない状態だと、人生がうまくいかなくなる。

      (ブッダの説いた「この世は苦である」はこの状態。)

      だが、逆にこのシステムがあるおかげで「神モード」でのプレイが存在し、

      遊べることが可能ということに気づくチャンスが与えらているとも言えるし、

      そうなった時に、より楽しさや喜びを体感できる良さもある。



      で、次は、「神モード」。

      このモードで遊ぶには、まず「人間モード」で経験値を積むことで発生する

      「悟り」とか「気づき」とか言われる「スペシャルイベント」をクリアするのが必須条件。

      覚醒した状態、感覚が優位に立っている状態、

      「私」「俺」という分離された個人としての認識はなく、

      すべてが自分、すべてが大いなるもの、

      ひとつの生命体からなっている、元はひとつ、

      すべての繁栄のために、などというワンネスが腑に落ちている状態。

      自分自身が創造主である、という認識でプレイしているので、

      この時点で、「苦」は消滅。そして、「真の自由」を獲得。

      今まで「俺がー俺がー」と支配者気取りでふんぞり返っていた「自我」も

      今度は、否が応にも、常にじーっと監視される立場になったので、

      でかい態度も取れず、隅っこの方で小さくなって、静かにしているか、

      遠慮がちにボソボソ何か言っている程度。




      で、ゲーム中は、スタート時から「自由意志」という

      コマンドが使い放題の権利もあたえらているので、

      望めば、ずっと「人間モード」でプレイも可能。

      ですが、新たな時代になろうかという今、

      誰も経験のない、前代未聞のNEWステージを

      「是非ともプレイしたい!!」と懇願して地球に来た魂が多数存在。

      なので、「スペシャルイベント」が起こりやすかったりする。



      アセンションが起こっている今この地点は、


      「人間モード」でプレイし続けるか?


      「神モード」で新たにプレイし直すか?


      を選択できる超重要ターニングポイント!



      それによって、プレイできるステージ(世界)がまるで違ってくる。



      今までの地球(人間界)に住み続けるか?


      新しい地球(神界)に移り住むか?



      肉体を持ったまま、それが起こる前代未聞のスゴイ時代!!!

      決めるのは、キミの自由意志だーーー!!



      「あ、ほんと〜?!どっちにしよっかな〜♪

      うーーーーーーーーーん、わかんなーい♪)^o^(」 byローラ





      つづく・・・








      posted by: メモル | 神との談話2013 | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:39 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/67
        トラックバック