Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その10
    0

      前回、ハイヤーセルフに「通訳して!そして書いて!!(・∀・)」

      って言われて書いてる感が強かったので、今回は、

      ハイヤーセルフさんに自ら語っていただくことにしました。

      それじゃあハイヤーセルフさん、今日も張り切って参りましょう!

      ・・・空回りにならない程度にお願いしますよ(^^ゞ


      (・∀・)ゞラジャー!!


      どーもどーも、ハイヤーセルフでございますぅー♪

      メモルがいつもお世話になっておりますぅー。

      アタシ、オネエ言葉だけど、気にしないでねぇ〜♪

      前回、地球というゲーセンで行われている大盛況なゲームの

      タイトルは『ぬけだせ にんげんの輪っか〜おうちへ帰ろう〜』

      だって申し上げたじゃな〜い?

      でも、これ、まだ続きがあるのよぉ〜。

      この『ぬけだせ〜』というゲームは、実は、

      「人間モード」でプレイ中だけに遊べるゲームでね〜、

      「神モード」に切り替わったら、違うゲームになっちゃうんだからー♪

      これが、新時代のNEWステージ!!

      さあ!いよいよ、タイトルの発表よぉーーー!!!

      ドドドドドドド・・・・・・・・(一応ドラムロール)

      ダーーーーーーン!!



      『はじめてのうちゅうそうぞう・体験版』



      (・∀・)



      ・・・・・・これって、お子ちゃま向けかって?

      えーっとねぇ、ある意味、そうよ〜。

      一応、生まれたての神だから、神の赤ちゃん・・・みたいな?

      っていうのも、人間モードから神モードに切り替わった直後って、

      まだ人間モード時の名残りというか、影響が結構出ちゃうのよぉ〜。

      今の今まで、とてつもなく長い期間、ガッツリ人間モードで遊んでて、

      「はい、神・誕生っ」

      といきなりなったところで、「はぁ?(゚Д゚≡゚Д゚)?」てな感じじゃな〜い?

      だって、見ている景色、日常、ありとあらゆるものが何一つ、

      変わってないんだからぁ〜もう、やだぁ〜どんだけ〜!(・・・IKKOさんなの?)

      何も変わってないように見えるのは、まだ意識が変わっただけで、

      実感が、体感が、「足りてない」からなんだけどぉー、

      この『はじめてのうちゅうそうぞう・体験版』でプレイし始めると、

      自分が本当に、神で創造主で無限で愛そのもの・・・ということを

      証明するかのような「実体験」が起こり始めるわけよぉ〜。

      このゲームタイトルの「体験版」というのは、「ちょっと試しに・・・」

      という意味合いではなく、まさに「体験する」ことがフォーカスされている、

      という、どストレートな意味で使っておるわけでございまするぅー!

      (あっ、軽く空回り気味?)

      メモルは、今これをプレイし始めたところよね〜♪(あ、はい(゚д゚)/そのようで・・・)



      でね、でねぇ〜、

      このゲームをクリアしたら・・・・・・・

      まだまだ続きがあるのよぉ〜♪


      ((((;゚Д゚))))


      まぼろし〜♪

      驚いた?驚いたでしょー!

      『はじめてのうちゅうそうぞう・体験版』で遊んだ後は、

      体験版なんて、お試し程度のものじゃなくー、(結局お試しかっ!)

      大人バージョンのー、R20指定のー、ムフフのフの完全版で遊べるのよっ♪

      その名も、『前古未曽有の宇宙創造・完全版』でございまするー!!!(これ好きだねぇ)

      『はじめての〜』は、神になりたての方向けだからぁー、

      「マジでー?!」「えっ?!うそーん」てな感じで、バラエティに富んだ

      「神・体験」の嵐に、感動・感激・大興奮冷めやらない状態だったのよ。

      でも、「完全版」は、



      σ(・∀・)



      ・・・・・・

      このように(?)身も心も、全てが、その名の通り、

      「完全に、神になっている」ので、落ち着いたもんでしょ〜。(そうかぁ?)

      神っぷりが板についるって感じで、惚れてまうやろ〜。(それオネエじゃない)

      これ本当はもうゲームじゃないんだけどー、まだ地球にいたい神向けの娯楽〜みたいな〜?

      全てを悟っているからー、冷静に、淡々とプレイ出来ちゃうのよぉ〜。

      例えば、こんな風にね♪




      ・・・・・・



      (・∀・)



      これぞ(?)皆さんよくご存知のスーパーヒーロー「ゲームマスター仏陀」よね〜♪

      西洋には、イエスってゆうグッドルッキングガイもいたわね〜♪(叶姉妹かっ)

      つまり『前古未曽有の宇宙創造・完全版』はマスターしか遊べないゲームってわけ♪

      まさに「暇を持て余した神々の遊び・・・」よね〜♪(それが言いたかっただけじゃ?)

      涅槃の境地にたどり着いているから、宇宙創造っていっても、体験版ほどの感動や喜びは、

      無いに等しいの。まさに「無」よ♪

      全てがひとつに溶け合い静かで安らいだ状態、まさに、

      諸法無我(しょほうむが)、涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)でございまするー。(また)

      ブッダは、35歳でゲームクリアした後もしばらく地球に残ることを選択して、

      マスターとして、苦戦している神々たちに、「攻略法」を教えて回っていたじゃな〜い?

      誤解されている方もいるかもしれないから一応申し上げちゃうけどー、

      このことからもおわかりのようにー、

      涅槃、源へ還る、ワンネスへの帰還、というのは、

      肉体を持った状態で可能なのよぉ〜。

      なにも肉体から抜け出して霊魂だけにならずとも「おうちへ帰れる」のよぉ〜。

      もっと言っちゃうと、アセンションやワンネス帰還、

      源とひとつになるというのは、「ただの意識上のお話」なんだから〜。

      その後、それを経験し、実証されて、確信することを繰り返して、

      「筋金入りの神」が確立するってわけなのよぉ〜。

      まさに!ゲ・・・じゃなくてー、神の極み!!って感じ〜♪(それもオネエじゃない)

      い〜い?もう一度言うわよ♪

      「人間」と「神」の違いは、意識だけ。

      もうホント、これだけよぉ〜。

      単純すぎて笑っちゃうでしょ〜?

      今度はもっと爆笑ネタ、用意しておくから、待っててね〜♪



      あの・・・IKKOさんじゃなくて、ハイヤーセルフさん?

      これって、全部「ネタ」だったの??



      えー本日の出演は、

      語り手:ハイヤーセルフ

      書記&ツッコミ:メモル

      でお送りいたしましたぁー<(_ _)> 



      ちょっと追記よ♪(・∀・)

      アタシ「ハイヤーセルフ」というものをザックリ言うと・・・

      メモル経由の神(源)の表現

      って感じかしらねぇ〜。

      (「メモル」のところは、ほかの人ならその人の名前が入るわよ〜♪)

      同じ神という源からのメッセージであっても、個々人を通すと表現が多種多様なのよ〜。

      言葉にしろ、音楽にしろ、ダンスにしろ、アートにしろ、科学にしろ、ホント色々。

      神はそうやって、常に自分自身を客観的に見て、喜びたいのー♪

      それが体感出来る地球はなんて素晴らしのぉ〜!もうどんだけ〜!!って感じ♪

      追記の追記・・・

      ここに書いていることは、ひとりごとみたいなものなのでー、

      真に受ける必要はございませんからねぇ〜(・∀・)/~~


      つづく・・・















       
      posted by: メモル | 神との談話2013 | 12:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:35 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/72
        トラックバック