Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年の変容:その13
0

    「人間モード」でプレイしている時は、とにもかくにも、

    自分の外側、目の前にある状況をどうにかしようと必死になる。

    これを改善するには、どうしたらいい?何をすればいい??

    頭をフル回転させてみるものの、堂々巡りを繰り返し、また同じ状況に。

    かつての私がそうだった・・・。

    そりゃそうだ。

    目の前にある状況は、自分の内側が反映された世界なのだから。

    今ではわかる。

    それをどうこうしようったって、どうにもなるわけがないじゃない、って。

    その状況を変えたいなら、自分の内側を変えるしかない!

    でも、どうやって・・・?

    まただ。そうやってすぐ「何かしよう」とする。

    そうしないと気が済まない。理解出来ない。厄介な癖だ。

    この際、「理解」は後回しだ!!

    とにかく、先になってしまおう!

    こうありたい自分にーーー!!



    いつ”なる”の?「今でしょ!」



    なんて、ちょっと聞き飽きた感も漂いつつある流行語を叫びつつ、

    晴れて(?)「神モード」に。

    そう、神々の中には、まだ神になりたくない、

    つまり、神である自分を思い出したくない神もいる。

    それは自然なことだ。みんな違って、みんないい、なのだから。

    でも自分はどうだ・・・?

    自分は自分が神であることを思い出すために、今、ここにいる。

    そう思える自分がいる。

    そして、「人生とは創造である」その真実を体感したいとも思っている。

    自分の内側が変わることで、この自分が”現実と感じている世界”がどう変わるか、

    それをこの目で見て、そして体験できるなんて・・・



    「実におもしろい。」



    スピリチュアルなんぞ無関心な福山雅治似の”ガリレオ”こと湯川先生もきっと、

    興味を持ってくださるに違いない。

    自分の人生も、自分自身さえも、これからの未来はもちろん、

    過ぎ去った過去でさえも、自分で好きなようにクリエイト出来るなんて!!

    この真実に出会うことを、思い出すことを、そして大いに活用することを、

    ずーっと前から知っていた・・・そんな気もしている。

    今までも、例外なく、すべて自分で創造してきたのも真実だ。

    でも、自分自身で創造している”自覚”がなかったがために、

    随分、世間任せの他人任せの、いい加減な作業をしてきてしまった。

    「それでも完璧だったのよ〜♪」そうこのお方(・∀・)は言う。

    そう、完璧だったのだ。

    世間任せだろうが、他人任せだろうが、自分でそれを「採用すると決めた」ことは、

    すべて、パーフェクトに創造されてきたのだ!



    ”自覚”したからにはもう、これからは無責任にはなれない。

    いい加減には出来ない。常に「自分がどうありたいか」に真剣にならなくてはならない!

    そして、現実世界がそれによって、どう変わるかも見届けなければならない!!

    それを身体全体で感じて、味わい尽くさなければならない!!!

    ・・・・・・

    こんな風に書くと、プレッシャーを感じて、重荷になるかもしれないが、

    私は思う。



    「こんなにワクワクする、エキサイティングな”仕事”があったなんてー!喜び〜♪」



    人間モードの時は、「自分の使命は何?」

    「私は何のために生まれてきたの?」

    そうやって、自分が今ここにいる意味をひたすら探してきた。

    今は、そんなことはどうでもよくなった。

    ただ、「今、自分の内側がどうあるか」という、

    ”自分の中の宇宙”にしか、興味がない・・・。

    今まであれこれ手を出してきた趣味や関心事に興味がなくなってしまった!

    これは悲しむべきか?それとも、喜ぶべきか?

    いや、今は、ひたすら「ニュートラル」でいる自分が心地いい。

    だから、自我が「どちらにしようかな〜♪」を始めたら、即、

    「ジガちゃま、そんなの、どっちでもいいザマス〜♪オホホホホ」

    そう言うことにしている。スネ夫のママ気取りで。



    昨日、ダーが、

    「スピリチュアルなんかに興味のある奴、気持ち悪い」と言った。

    私ではなく、違う人に対して言った言葉だが、かなりショックだった。

    自分が言われているような気がしたからだ。

    ・・・・・・

    この話を聞いて、勘のいい方ならすでにおわかりであろう。

    驚愕の事実が判明したことに!

    この宇宙には、自分しかいない。

    外側の世界は、自分の内側の世界の反映。

    と、いうことは、ダーが放った言葉は、何と!な、な、何とー!



    私自身が言っている言葉なのだーーー!



    つまり、私の中では、どこかでスピリチュアルに興味を持つことや

    興味を持っている人(自分)に対して、拒否感を抱いているということになる。

    そして、それを自分で自分に言って、ショックを受けている。

    「こんなに好きで興味持っているのにー!ありえなーい!!」

    と以前の私なら、そう言っているところだが、今はNOだ。



    「なるほど、実におもしろい。」



    と、素直に認めちゃう。

    自意識が知る由もない、ミステリアスな”本当の自分”にますます興味津々だ。

    能天気ちゃんにも程がある?

    真実を採用していくと、何だがとっても「アホ」になっていく感じがする。

    今まで、いかに自分で自分を複雑にしてきたかということに気づかされる。

    「アホ」は素晴らしい。

    唐突だが、バカボンのパパは偉大なる「マスター」なのだ。

    そうなると、出川も狩野も、ドランクドラゴン鈴木もウドちゃんも・・・

    みんな「マスター」なのかもしれない。(芸人ばっかりだけど)

    本気で、もしかしたらスゴイ人かも?!と思えてくる。

    自分がいずれ、この仲間入りすると考えると・・・

    なぜか、悪い気はしない。

    むしろ、Welcomeだ。



    以上、特に意味はない、

    そしてまとまりのない、長いひとりごとでありましたが、

    お付き合いいただき・・・

    サンキュー!!!!!(Created by パンサー尾形)





    つづく・・・






    posted by: メモル | 神との談話2013 | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 13:55 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/76
      トラックバック