Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その15
    0

      あなたは、


      「肉体を持ったのまま、永遠に存在することが可能である」


      と言われたら、信じますか・・・?



      これ、ここ最近このお方(・∀・)がちょこちょこ伝えてくることなんですけどー、

      あまりにもアメイジンググレート過ぎて、まだ頭でうまく整理が出来ていません(^^ゞ

      だって、それってつまり、「死なない」ってことでしょー?!

      そないなこと言われたら、頭もフリーズするっちゅうねん!どやさ!どやさ!!

      でも、懲りずにこのお方(・∀・)は「どうよ?どうなのよ〜?」と言ってきます。

      なので、うまく頭で処理でき次第、詳しくお話していこうかと思っておりますので、

      お楽しみに(?)

      (ただし!これ、私の翻訳間違いの可能性もあるのでー、期待しないでね♪)



      で、今日はですねー、

      今朝、瞑想中にこのお方(・∀・)が話していた内容から。



      以前も書きましたが、ハイヤーセルフというのは、

      「YOU経由の神(源)の表現」と説明すると、

      一番わかりやすいのではないか、と個人的に思っているのですがー、

      私の場合だと、

      『 メモル経由の神(源)の表現 = (・∀・) 』

      ですね。

      神としての自分(本当の自分)が全面に出ている状態・・・って感じです。

      ハイヤーセルフというものを「魂」と言いかえることも出来ます。

      魂は、今世での目的達成のために、自分で書いたシナリオ通りに人生を導きます。

      神としての自分自身を思い出させるために、自分で描いたデザイン(環境や出来事など)

      通りにコーディネイト(演出)する、と言ってもいいかも。



      身体と心(精神)は、魂からのサインを敏感に感じ取ります。

      『2012年の異変』で書いた、私の身に起こったことも、魂からのビッグサインです。

      身体と心に現れた変化に、頭は混乱します。データがないからです。

      「これは何だ?こんなこと、わしゃ知らんぞ!何事だ?」となります。

      これが、”変容の合図”です。(変容の合図の大きさは状況により様々です)

      頭が理解していることは、「過去の記憶」というデータだけです。

      なので、これから起こりうることが解るわけがない。だから慌てるわけです。



      でも魂は知っています。絶妙なタイミングで、

      「ほらほら、”その時”が来たわよぉ〜♪」と相棒たちを促します。

      目覚めるとき(思い出すとき)ですよ、とアラームを鳴らして知らせます。

      この時、頭がすぐ「承知しました」となれば、目が覚めて(覚醒して)、

      スムーズにその後の人生が進むのですがー、

      頭が抵抗し続けちゃうと、人生は苦難となります。

      魂は、頭が抵抗すると、やることはやるけど、後はただ見守るしかありません。

      「苦難 = 気づいて欲しい」という魂の声を聞いてくれるか、聞いてくれないか、

      ただただ愛を持って見守り続けます。

      (「気づいて欲しい」というのは、自我ちゃんの話でいうところの

      「もう充分よ」とか「ギブアップして!」っていうのと同じ)



      「好きなだけ抵抗していいのよ〜♪それがあなたに与えられた”自由”なのだから・・・」

      魂は永遠の命なので、今世でダメでも、また来世でチャレンジ出来る!と知っているから、

      そのスタンスは、いたって「余裕」そのものです。

      自意識である頭は、何もわからないので、

      「なんで、どうして、わしがこんな目に!」と苦しみ、神(自分)をも恨みます。

      そんな苦しみも、魂にとっては、かけがえのない”喜びの体験”です。

      なぜならそれは、魂だけでは、経験不可能なことだからです。

      「こんな絶好のチャンス逃してなるものか!」と言わんばかりに味わい尽くします。

      自意識でどんなにもがこうが、地獄をみようが、本当の自分である魂は、

      波の立たない水面のごとく、ただ静かに穏やかに、嬉々としてそれを眺めています。

      かなり受け入れがたいことかもしれませんが、

      これが、神である自分の真の姿なのです。




      ・・・何だか話がどこぞのマスターみたいになってきてない?

      ちょっと難解で堅苦しくなったので、違うお話に(^^ゞ




      えー、唐突ですが、

      メジャーリーガーのイチローは好きですか? ふむふむ

      じゃあ、元プロ野球選手の清原は好きですか? ふむふむ



      私はイチローも清原もどっちも好きです♪



      私がイチローに持つ印象は、

      ストイックに黙々と、そして淡々と自分と向き合い、それを野球という

      仕事を通して表現する姿は、とても神聖でいて、神々しさえ感じます。

      だからか、ちょっと近寄りがたい遠い存在のような気がしてしまう時がある。

      一方、清原に持つ印象は、

      自分の精神や肉体を大きく強く、そして黒く(?)鍛え上げ、それを野球という

      仕事を通して表現していた姿は、とても男気があって、人間らしさを感じます。

      だからか、まるで昔からの知り合いのような親しみやすさを感じる時がある。



      ここで言いたいことは、どっちが良い悪いということではありません。

      みんな違って、みんないい、だから。

      あえてジャッジするとしたら、「どっちが好きか」でいいと思うし。

      「どちらも好き」というのもありだし、「どちらも好きじゃない」もありです。



      これは単なる憶測ですがー、

      神である自分を思い出したい人は、どちらかというとイチローが好きで、

      まだ神である自分を思い出したくない人は、清原の方が好きかもしれません。



      で、ここで言いたいことっていうのは何かというとー、

      それぞれの人の神(源)の表現(=ハイヤーセルフ)には、

      ”個性”があって、「実におもしろい!」ということ。

      人間らしく生きている人は、もしかしたらハイヤーセルフが全面に出ている状態ではない

      かもしれないけどー、そんなことはどーでもいいんです!

      だってそれは「アタシが全面に出ていない状態を経験したいわ〜♪」という、

      ハイヤーセルフの意図(思惑)でもあるわけだからー!



      ・・・・・・

      で、結局、何が言いたかったのか・・・?

      そんなこと、どうでもいっかー( ̄▽ ̄)

      たわいもない、独り言でござるよ♪ニンニン!



      つづく・・・








      posted by: メモル | 神との談話2013 | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 13:18 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/78
        トラックバック