Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2013年の変容:その19
    0

      いや〜梅雨が明けましたね!夏ですね!!夏本番!!!

      ・・・・・・

      マジですか?ウソでしょ?

      本当に、梅雨開けたんですか??

      やけに早くないですか???

      と、気象庁をスゴイ勢いで疑いたくなるほど、夏が「くい気味」でやってまいりましたが、

      まさか・・・YOUたち・・・

      せっせと、熱中症なんて”創造”しちゃっていませんよね?

      ニュースを見ていると、創造しちゃってる方々がチラホラいらっしゃるようですが、

      例の、アレ、忘れちゃってませんか?

      アレですよ、アレ!!

      忘れちゃってますかねー。思い出せませんかねー。

      じゃあ、ど忘れしちゃったYOUたちに、今日もスバリ言いましょう♪

      アレとは、



      自分が”神”であること!”無限”であることですよー!



      ほら、思い出してきたでしょ?

      え?全然??

      よく考えてみてください、神って熱中症になりますか?

      ”想像”できません・・・ってゆうか、そんな神、想像したくもありません(T ^ T)

      不可能なことが何もない、無限の存在なら、暑さなんて屁の河童ではありませんか?

      こういう時こそ、「思考」という便利なツールを使って、簡単な仮説を立て、

      ガリレオこと湯川学先生ばりに、手をフレミングの法則の形して、

      顔の中心に当て、”理系モード”で考えてみまひょ♪

      私たちは、神なんです。

      思考は現実化しちゃいますよ〜!

      神にふさわしい現実を生み出していこうではありませんか!

      とか言ってる私も、昨年の今頃は、思いっきり暑さにウダッていました(^^ゞ

      自分が神という意識であることをど忘れている最中で、

      「か弱き人間」という役に没頭してしまっておりましたー(´Д` )

      すべては、自分の決意次第でございます!

      夏の猛暑も熱中症も、元をたどれば、自分で創造しちゃってるんですから〜てへっ(ノ∀`)

      自分で生み出しといて、ウダるって・・・まぼろし〜!てへっ(ノ∀`)♪




      えーところで、本題はこれからです(^^ゞ

      最近の明るいビッグニュースといえば!何といっても!

      「祝・富士山 世界遺産登録!」

      ではないでしょうか?!

      で、このお方(・∀・)が昨日、珍しくマジメに(?)こんなことを伝えてきました。




      『日本の象徴であり、大和魂のシンボルである”富士山”が世界遺産に

      登録されたことによって、世界がより”日本”という国家に注目し始めるであろう。

      これは、いよいよ日本が世界をリードしていく立場になった、という合図だ。

      世界のリーダーとなるといっても、

      主導権を握って世界を牛耳ったり、権力を振りかざして支配するということではない。

      日本というリーダーの役割はこうだ!


      日本人という存在は、自分が”神”であることを潜在的に強く意識できている唯一の国民だ。

      古来から、和の民は、すべては一つというワンネスの精神で生きてきた。

      今まで、日本は世界に類を見ない、あらゆる苦しみを経験してきた。

      それらは日本人だからこそ、耐えられた!

      日本人だからこそ、それらを”愛”として表現することが出来た!

      立派であった!!

      でも、もうその苦しみは終わりだ。すでに終わったのだと意識せよ!



      今、この時から、日本は世界をワンネスという源へと導く”道しるべ”となる!



      何も主張せずとも、何も語らずとも、世界は、日本の”背中”を見て育つだろう。

      日本は、そういうエゴのない”愛の表現”が国民レベルで出来る唯一の国家だ。

      日本には昔から”八百万の神”という言葉がある。

      すべてが神だ、という意識が、すでにあるのだ。

      国民性とも言える腰の低いその謙虚さは、すべての神に対する敬意の表れだ。

      どんな国家の考えも、宗教の考えも、大きな愛で包み込んでしまう。

      どんなによその国が難題も持ちかけてきても、

      日本という集合意識(神々)は、こう考える。

      「どちらにとっても、最善となる方法はあるだろうか?」と。

      自分たちがよければそれでいい、という考えは皆無なのだ!

      この国民に限っては、それは不可能なのだ!

      つまり、それは、”愛”しか選択できないということだ!!

      誇りを持とうではないか!

      時々エゴが、それで本当にいいのか?と責め立てたとしても、

      絶対にエゴに耳を貸してはいけない!

      エゴの言うことを聞いたばっかりに今までどうなったか、一番良く知っているはずだ!

      あなたたちは、愛しか選択してはいけないのだ!

      誇りを持とうではないか!



      世界の一部は昔からこのことに気づいていたが、認めたがらなかった。

      日本の持つ潜在能力に恐れを抱いてしまったのだ。

      だから気づかせまいとしてあらゆる方法をとってきた。

      でも、今はそんなごまかしが効かないほど、地球は覚醒した。

      日本の龍神たちは、大地を揺らすことで大勢を目覚めさせた。

      そうする必要があったからだ。

      もう日本は、寝ぼけまなこではいられないからだ!

      それによって、世界中が日本から発信される”愛”に気づいた!




      思い起こせば、日本という国は、イエス・キリストのような運命をたどってきた。

      何度も十字架に貼り付けにされても、不屈の魂で蘇ってきた!

      そして、何度もそれを許してきた!

      これがほかの国にはない、日本の素晴らしさだ!

      「許し」はとてつもなく大きな愛だ!

      日本人は、許すことが自然に出来るのだ!

      それは、己を許し愛する、ということだ!

      キリストは愛そのものであった。

      日本は元々はキリスト教国家ではないが、その愛ある精神は、

      ”キリスト意識”そのものだ!

      日本の神々よ、未来を憂うことなかれ。

      世界が目覚めるのは、もう秒読み段階に入った。

      意識してようがしてまいが、世界は常にあなたがたを輝いた瞳でみつめている。

      世界中の神々は、日本の神々が目覚める日を、この日が来るのをずーっと待っていた!

      あなたがたがはるか昔から育んできたものが、やっと日の目を見る時が来たのだ!

      これからは、無限の喜びの中で、大いに歌い、共に踊ろうではないか!』




      ・・・・・・

      ということなんですがー、なんかこのお方(・∀・)いつもとは違って、神っぽいかったね?

      マジモードだったね?



      日本人の皆さん!そして日本の心を愛する外国人の皆さん!

      我々は、スゴイ使命を持って生まれたようです!

      オラびっくらこいただよー( 」´0`)」

      何かようわからんけど、スタート切ったらしいだよー。

      世界の見本になるみたいだだよー。

      日本の背中を見て育つ、ってか?!

      んだば、背中のムダ毛は処理しておかねばなんねーだよー。



      ムダ毛のくだりはどうでもいいとして・・・

      このメッセージを聞いて、

      もしかしてもしかしたら、2020年のオリンピック開催地は、

      東京に決まっちゃうんじゃないのーーー?

      って気がしてきたのは私だけ?!

      ですよね・・・( ̄▽ ̄;)



      つづく・・・








      posted by: メモル | 神との談話2013 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 12:29 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://memole-happy.jugem.jp/trackback/87
        トラックバック