Search
新着記事
カテゴリ一覧
月別
プロフィール
応援クリックTHANKS!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ
にほんブログ村
メールフォーム
QRコード
qrcode
メモルのおすすめ♪
PR
Links
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
2013年の変容:その22
0

    さあ、リニューアルもしたことですので、

    本日もガッツリと神ネタてんこ盛りで参りましょう♪




    実は、私メモルは、このお方(・∀・)に、

    「メモル、みんなを源(ワンネス)に導くお手伝いをしなさ〜い♪」

    と言われたことがあるんです。

    その時は、「マジかっ(((゜Д゜;)))」

    と、びっくり仰天な感じでしたが・・・

    『2012年の異変』もこのことに気づかせるために、起こったようなもの。

    ハイヤーセルフであるこのお方(・∀・)が、常に私を先導し、

    サポートしてくれていることは、感覚としてわかるし、

    ここ最近、このブログでこんなに神(源)ネタが増えているのも、

    このお方(・∀・)のしわざ・・・じゃなくて、導きだと思わずにはいられません(^^ゞ

    初めは、「ええーどうしよー・・・」と渋っていたら、

    「源へ導く仕事は、経験や資格なんていらないの!今はネットを使えば、

    どこへでも発信出来るんだから、どんどん思うがままにおやりなさいっ!(・∀・)」

    と言われて、間もなくしてから、悟りという気づきが起こり、

    書き始めることになった、この『神との談話』。

    この流れを振り返ってみると、やっぱり何かに突き動かされた感は否めない。

    あと、どうやら私の魂は、かなり古い魂らしく、伝える内容が、

    本質に近いものが多いのもそれが理由。

    だから、読んでいて「???」になってしまうこともあるかと思われ・・・(^^ゞ

    ちなみに、魂が、古いとか新しいっていうのは、年取ってるとか若いってことじゃなくて、

    どれだけ本質が何たるかを知って、理解しているか、ということの違いらしいです。

    これもこのお方(・∀・)が教えてくれました。

    今までどーもわからなかったんですよ、魂の年齢ってものが。

    「教えて〜(・∀・)さん〜教えて〜(・∀・)さん〜教えて〜〜〜♪」と

    恒例のハイジばりのしつこさで問いかけていたら、すぐにおせーてくれました(^^ゞ




    何か疑問に思ったとき、何かに迷ったとき、不安を感じたとき、

    どうしていいかわからないとき、

    自分をどうにかできるのは、自分だけです。これ、マジです。

    他人に聞いて、何らかの助言をもらい、その通りにしてうまくいって、

    しばらくして、また、つまずき、誰かに助言をもらう・・・。

    他人に聞くことは、悪いことではありません。一時的には救われることもあります。

    かつての私もそうでした。

    でも、良いことでもありません。

    なぜなら、「また、つまずく」ことを繰り返してしまうからです。

    なぜ繰り返してしまうのか・・・そこには、

    「自分自身の力に気づいて欲しいの・・・(・∀・)」

    という神の思い(愛)があるからです。

    自分で自分に聞くことだけが、「また、つまずく」を終わらせてくれます。

    「苦しみ」を終わらせることができるのです。

    一度、自分の内側にある力を信じてくみてください。

    「信じられるかよ!今までだって・・・!俺なんか・・・!」

    と思ってしまう人は、とても真面目で頑張り屋さんです。

    でも、一度、アホになってみてください。

    アホになるっていうのは、過去や世間の常識、思い込みをぜーんぶ無かったことにして、

    今、生まれたてホヤホヤの自分になったと仮定(設定)して、現実を捉えること。

    まずは、演技でいいです。アホになりきってください。アホは楽ですよ〜♪

    そして、自分の内側にある力を信じてくみてください。

    「俺がどうにかしなきゃ!」と率先して言ってくる自我(頭)に頼るのをやめ、

    奥底で、じっと待機している無限の力に「教えてくれー!」とすがりついてください。

    この無限の力は、自分の意志で「ON!」しないと機能しません。

    「ON!」するとは、「無限の力に、すべてを委ねる」と決めることです。

    これが本当の意味での「他力本願」です。

    これは仏教用語で、「他力」とは、”阿弥陀如来の力”を意味します・・・が!

    阿弥陀如来を自分とは別のものと思わないでください。

    阿弥陀如来も神の一側面であり、私たちのハイヤーセルフなんですよー。

    私たちの本質は、自我優位の顕在意識ではないし、恐れや不安に臆病になって

    現状維持するのがいっぱいいっぱいの潜在意識でもない。

    ここでは阿弥陀如来と表現されている無限の力の源である「超意識」が、

    ”真の自分”です。

    「真の自分の力に本気で願う!」ってことです。

    ここでの「願う!」は、お願いするではなく、「決意表明する」と捉えてください。




    本気で(しつこく)問いかけていれば、私たちのハイヤーセルフは必ず答えをくれます。

    その答えは、「考え」かもしれませんし、「感情」かもしれません。

    「心の声」かもしれないし、「現状」かもしれません。

    問いかけたのなら、どこに答えがやってくるかを注意深く意識してください。

    意識的でいるならば、それは、「気づきの体験」として、

    これが答えである、とハッキリとわかると思います。

    私たちが体験している「現実」という世界は、

    すべてが私たちへのメッセージだからです。

    気づかせるためだけに用意された、3Dバーチャルの世界です。

    何を気づかせるためにかって?

    それは・・・

    「Who am I ?(自分は何者か?)」

    と問いかければ、きっとYOUの(・∀・)が、すぐにおせーてくれますよ♪




    つづく・・・









    posted by: メモル | 神との談話2013 | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 12:58 | - | - | - | - |









      この記事のトラックバックURL
      http://memole-happy.jugem.jp/trackback/91
      トラックバック